「ほっ」と。キャンペーン

動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

壁を造ります

*「最後は前腕だけで撃つ」とは、前腕の筋肉に意識集中します。つまり、心意六合拳の鷹爪です。

*上腕三頭筋も上腕二頭筋も肩も肩甲骨も、使いません。もちろん、体重移動も使いません。僧帽筋は使いますが、"壁"みたいなものです。無意識に使うので問題にしなくていいです。

*これの元ネタは、宋氏形意拳の龍形基本功です。前腕の外側を張ります。小指側の延長線上です。内側はゆるんでいます。親指側の延長線上です。僧帽筋は"壁"です。

*両側を張ると失敗します。外側だけ張ります。拳も掌も同様です。(これは心意六合拳と宋氏形意拳の場合です。他の流派については知りません。) 

*龍形基本功を応用して、簡単な技を作りました。合気道みたいな難しい技は要りません。これも、前腕の外側を張ります。上手くいかない場合は、両側を張るからです。(この技はフジマツ・オリジナルです。)

*全身の力を統一する、なんてことはしなくていいです。その時に必要な筋肉だけ使います。ブレーキになる筋肉もあります。全身の力を使うと、アクセルとブレーキを同時に踏むようなものです。

*"筋肉ではなく骨を使う"も間違っています。筋肉の全部ではなく、一部を使います。

*正確にいえば、"関節ではなく一部の筋肉を使う"というべきです。

*肘撃ちは肘を使いません。例えば、心意六合拳の蛇行歩や虎抱頭です。

*肩撃ちは肩を使いません。例えば、心意六合拳の熊吊膀や鶏撲食などです。

*拳も掌も、肘や肩を使いません。僧帽筋は"壁"になります。裏方です。

*鉄牛耕地でも、僧帽筋が裏方となります。肩で支えてはいけません。表でも裏でも肩を使いません。肩で支えると"腕立て伏せ"になってしまいます。

*肩甲骨グニャグニャは絶対にやってはいけません。"壁"が崩壊します。裏方の僧帽筋を造ります。

*体幹の表が腹横筋です。体幹の裏が僧帽筋です。この体幹を使って撃ちます。自分を制御して、相手を制御します。宋氏形意拳の龍形基本功となります。

*最前線が前腕となります。僧帽筋が壁となります。後方支援です。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-07-16 05:57 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー