動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

熊の0号への路

*熊の基本功0号は、フジマツ会心の新基本功です。これは、宋氏形意拳・熊の基本功1号を簡潔にしたものです。簡潔にしたといっても、内容はほぼ同じです。

*習得しやすくしました。だから、初心者でもすぐに姿勢勁力が出ます。

*初めて宋光華先生に会ったその晩、土間に呼び出されて行くと、熊の1号でガツンとやられました。たぶん、これは大切な動作なのだと勝手に思い込みました。24年前の山西省太谷県でした。

*翌朝、中庭で一人で熊の1号を練習していました。すると、起きてきた宋光華先生が、指導してくれました。前日の晩と合わせても正味5分位だと思います。習ったのはそれだけです。その後は見たこともありません。

*それから、一人でしつこく練習していました。後に心意六合拳・熊吊膀と同じだと気付きました。

*日本で教えてみると、みなさん、肩を出してしまいます。これには絶望しました。日本人には無理なのかな? と思いました。

*しかし、中国の心意六合拳の先生でも、熊吊膀を失敗しています。同じように肩を出してしまいます。中国人も日本人と同じように失敗します。

*考えてみると、宋氏形意拳も心意六合拳も、多くの中国人が失敗しています。そして、失敗者が先生となり弟子を指導しています。

*しかし、私は詳しく習ったこともないのに、熊の1号も熊吊膀も肩を出すことがありません。つまり、体幹がズレることはありません。

*そういえば、宋氏形意拳の龍形基本功も、体幹がズレることがありません。多くの人は腰を使ってしまうのですが、私は最初から腰を使うことがありませんでした。

*人より頭が悪く、身体能力も劣っているのですが、動物武術の才能だけはあったようです。というのはウソです。素直なだけです。私、性格はひねくれているのですが、武術にだけは素直なんです。そのままに受け入れます。

*というわけで、熊の0号と1号と龍形基本功を詳しく教えることにしました。どちらも、体幹を一つにしてズレないようにします。

*身体の中心は腹横筋で造ります。腰がくせ者なので、腰を消します。そのために、腹横筋で下腹部を持ち上げます。すると、尻も収まります。相撲の蹲踞の姿勢と同じです。

*体幹を肩で動かすと失敗します。腰を使わないと同様に、肩も使いません。腹を使います。腹だけでは安定しないので、脇腹を使います。脇腹の前鋸筋です。

*肩のラインで動くと、体幹の外側のラインで動くことになります。すると、身体が回転してしまいます。他の武術ならば、身体が回転してもいいのですが、動物武術の場合は失敗します。

*そこで、身体内部へ向かうラインで動くようにします。それが、脇腹から鼠蹊部への切り込みです。

*これが、形意拳と心意六合拳で称するところの"龍腰"の実態です。相撲の"おっつけ"もこれに似ています。身体の内側へ締めます。

*これは心意六合拳の龍のポーズです。ですから、"龍身"とも称します。

*この龍腰・龍身で、心意六合拳の鶏歩も造ります。いいかえると、龍腰・龍身ができないと、鶏歩もできません。

*下からいうと、足首が折り曲がります。すると、足指と趾球で立つことになります。すると、下腿三頭筋が覚醒します。

*鼠蹊部が折り曲がります。すると、龍腰・龍身の下地ができあがります。

*腹横筋で下腹部を持ち上げます。すると、尻も持ち上がり、尻が収まります。

*半身を肩と胸ではなく、脇腹から鼠蹊部へのラインで造ります。すなわち、龍腰・龍身です。

*結果として肩と腰が消えます。動物武術の身体が造られます。すると、自然に勁力が出ます。

<練習予定>

7月27日(水) 19時~開進第一中学校体育館
7月28日(木) 19時~平和台体育館
7月30日(土) 19時~平和台体育館
8月1日(月) 13時~光が丘公園芝生広場北口方面
8月3日(水) 19時~開進第一中学校体育館
8月6日(土) 19時~開進第一中学校体育館
[PR]
by tiger-hawk | 2016-07-27 06:11 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー