動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

つまらない武式太極拳

*武式太極拳・ 僑松茂先生の動画がユーチューブにたくさんあるそうです。私はあまり興味がありませんが。

*見ても、太極拳らしさがありません。流れるような動きが無く、硬い感じです。シロクマさん曰く、実にヘタクソな感じです。

*ところが、僑松茂先生、モノマネがとても得意です。他の流派の太極拳をやらせても、とても上手にやってしまいます。もちろん、見ただけで。これは本人が言ってました。私はどうでもいいので、興味はありませんけど。

*それよりも重要なことがあります。

*僑松茂先生の弓歩はとても強い。押しても引いても、ビクともしません。あんな強い弓歩は体験したことがありませんでした。私はビックリしました。これは本当です。

*そして、武式太極拳の真実は、その弓歩にあります。弓歩ができさえすれば、勁力は無尽蔵に湧いてきます。

*もう技なんてどうでもいいんです。ただの拳が、ただの掌が、勁力そのものとなります。まさに、姿勢勁力となります。

*私は例によって、武式太極拳をかじっただけです。その後も、真面目に練習していませんでした。

*でも、心意六合拳の弓歩を通して、武式太極拳の弓歩もできるようになってしまいました。すると、弓歩に成りさえすれば、いくらでも撃つことができると発見しました。心肺機能の問題を除けば、ですけど。

*あのメンドー臭い85式の武式太極拳の套路に秘密があるわけではありません。弓歩ができさえすればいいのです。あんなにたくさんの技も必要ありません。

*僑松茂先生自身、武式太極拳で最も大切なのは、ランザーイーだ、と言ってました。ところが、そのランザーイー、手はほとんど全く動きません。ただ、弓歩に成るだけなんです。それが大きなヒントになりました。

*このランザーイー、楊式太極拳になると、とても重要で変化に富んだ技になります。四正推手の素となります。陳式太極拳でも有名な技です。

*ところが、武式太極拳では、ただ弓歩に成るだけなんです。とても無愛想な技なんです。

*武式太極拳の推手もとてもつまらないものです。自分の胸の前に空間を造ります。この空間の中には、相手を絶対に進入させません。相手の手を引き込むなんてことは絶対にしません。

*だから、推手の勝負や競技なんか絶対に成立しません。見ても、非常につまらない。

*この胸の前の空間も、実際には姿勢勁力ができないと無意味なモノと成ります。

*そのカギは、宋氏形意拳の龍形基本功にあります。そこから、心意六合拳の虎撲が導き出されます。心意六合拳・搖閂把の勁力が生まれます。

<インチキ道場の練習予定>・・・予約無しで遊びにおいでませ
8月25日(木) 19時~平和台体育館
8月27日(土) 19時~開進第一中学校体育館
8月29日(月) 13時~光が丘公園芝生広場端北口方面、石のテーブルがあります。
8月31日(水) 19時~開進第一中学校体育館
9月1日(木) 12時30分~平和台体育館
[PR]
by tiger-hawk | 2016-08-25 05:59 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー