動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

前のめり歩き

*ヒトには二種類あります。

*一つは、前のめりに歩く人です。

*もう一つは、一本足時間を長く造る人です。

*日本人の多くは、前のめりに歩きます。すると、歳取ると、歩幅がどんどん短くなります。

*前のめりに歩くと、速く歩けます。もちろん、浮いてます。体重を直接使い重力を利用します。

*浮いているので、勁力としては沈む必要があります。すると、沈墜勁や震脚を使わざるを得ない、となります。沈墜勁から十字勁や開合や纏絲勁も導き出されます。つまり、それらは自然勁力です。

*そもそも、ヒトは大腿直筋で直立二足歩行を始めたので、浮いているのです。

*ところが、ニワトリの一本足時間と指行性を導入した不思議な人が現れました。すると、不自然勁力を発見しました。(私は再発見者の一人です。) 

*それは、ヒトの蹠行性から離れて半指行性となります。

*長い一本足時間は、足指と趾球ー足首ー下腿三頭筋で造られます。

*長い一本足時間は、バランスが必要となります。そのままだと、バランスが悪いのです。

*そこで、体幹を絞ります。それが、形意拳や心意六合拳で言う所の"龍腰"となります。

*龍腰とは、身体をくねくねすることではなく、体幹を絞ることです。もちろん、脇腹を捻ることではありません。

*体幹を絞るとは、脇腹から鼠蹊部へ向けて切り込むことです。V字形のようになります。

*その時に、腹横筋で下腹部を持ち上げます。すると、尻が収まります。それがいわゆる"提肛"です。

*龍腰と提肛で、体幹は絞られます。これが勁力体となります。一本足の上の体幹です。

*ここから半身となると、心意六合拳の鶏歩となります。

*やや半身となると、宋氏形意拳の六合歩となります。

*この体幹を訓練するのが、宋氏形意拳の龍形基本功、熊の基本功0号~2号となります。

*全ては、前のめり歩きを改造するところから始まります。それが太極拳の創始者・武禹襄です。なにしろ、儒教の学者先生ですから、偉いんです。偉いので、威張ってゆっくり歩きます。ゆっくり大きく、足指で歩きましょう。

台風でどうなるか判りませんが、無理しないで来てください。

<インチキ道場の練習予定>・・・予約無しで遊びにおいでませ~~
8月27日(土) 19時~開進第一中学校体育館(床がきれいになりましたよ)
8月29日(月) 13時~光が丘公園芝生広場端北口方面
8月30日(火) 12時30分~平和台体育館
8月31日(水) 19時~開進第一中学校体育館
9月1日(木) 12時30分~平和台体育館
9月3日(土) 19時~開進第一中学校体育館
[PR]
by tiger-hawk | 2016-08-27 08:05 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー