動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

優しく静かに速く踏み込む 

*心意六合拳の技の歩法は、全て鶏行歩です。これには深い意味があります。

*心意六合拳の勁力は鶏行歩の勁力です。

*上へ向かって撃つ技も、下へ向かって撃つ技も、横へ向かって撃つ技も、単純に上へ下へ横へ撃つわけではありません。

*そこには、鶏行歩が内蔵されています。鶏行歩の足の勁力が内蔵されています。

*すると、鶏行歩と手の動作が同調する必要があります。

*これが、前手と前足の同着という拳理です。

*しかし、同着すればいい、というわけでもありません。途中経過が大事です。

*たいていの場合、手が先に動きます。手が暴走します。同着しても、手が先なんです。

*これは、手に力が入っているからです。"力の入れ過ぎ"なんです。

*最後は前腕の筋肉だけで撃ちます。最後は鷹爪だけで撃ちます。

*ということは、"途中で力を入れてはいけません"。

*これが、宋氏形意拳の崩拳(五行拳) の拳理です。

*すると、心意六合拳の鷹抓把も、挑領も、龍形裹風も、効果的に撃つことができます。

*前手と前足の同着は、手と足の同調を要求されます。

*それは、前足の踏み込みに要領があります。

*前足の踏み込みといっても、沈墜勁も震脚もありません。

*となると、優しく静かに踏み込みます。(優しく静かに速く、できない人は足に力を入れ過ぎています。そんな力は要らないのですが。)

*なおかつ、瞬間的に前足の足指に全体重が載ります。(これが宋氏形意拳の半歩崩拳となります。)

*しかし、次の瞬間は鶏歩になります。これが心意六合拳の鷹抓把や単虎抱頭です。

*前足の足指に全体重が載るといっても、前のめりになってはいけません。ここは微妙なところです。

*これを鶏行歩で学びます。鶏行歩は大きい鶏歩で造ります。その時に、前へ突っ込まないようにします。つまり、一本足になります。

*この一本足を、下腿三頭筋で造ります。もしも大腿直筋で造ると、前のめりとなります。

*ところで、サンダーさんが心意六合拳の古拳譜を翻訳しろ、とうるさく言っています。翻訳しても、サンダーさんに勁力ができるわけでもないのですが。鶏歩も鶏行歩もできない人が、古拳譜を読んでも無意味なんですが。

*古拳譜は文学的でなかなかいい感じですが、それで達人に成れるわけでもありません。それだったら、中国に達人がたくさん出現したはずです。ところが、怪しいセンセーが少なくありません。

*でもまあ、サンダーさんがウザイので、ちょびっとずつ翻訳してみようかな、と想います。

*直訳しても意味は通じません。ここで解釈が問われます。なるべく直訳しますが、フジマツ流の解釈となります。ゆるゆるやるので、期待しないで待っていてください。

<インチキ道場の練習予定>・・・予約なしで遊びにおいでませ~
9月1日(木) 12時30分~平和台体育館
9月3日(土) 19時~開進第一中学校体育館
9月5日(月) 13時~光が丘公園芝生広場端北口方面、道のそばの石のテーブルあたり、
[PR]
by tiger-hawk | 2016-09-01 06:01 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31