動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

インチキ理論・弓歩と鶏歩

*心意六合拳には、弓歩で終わる技と鶏歩で終わる技があります。

*ここで、終わる、と書いたのにはある意図があります。

*つまり、弓歩で終わっても鶏歩で終わっても内実は同じ、ということです。

*弓歩の技を鶏歩でやっても本質的には問題ありません。鶏歩の技も同様です。

*その前に、問題があります。

*普通の武術=ヒト武術の弓歩と動物武術の弓歩は、造り方が違います。

*ヒト武術の弓歩は、表側の筋肉=大腿直筋と外側の筋肉=外側広筋で造ります。そして、この弓歩しか知らない人にとっては、ここから先の話はチンプンカンプンになります。

*そこで、動物武術の弓歩の造り方を確認します。

*その弓歩は、内側の筋肉=内転筋・内側広筋と、裏側の筋肉=下腿三頭筋・半腱半膜様筋・大腿二頭筋で造ります。

*ここで、ヒト武術と動物武術は決定的に別れます。

*いいかると、ヒト武術は蹠行性(せきこうせい) で動物武術は指行性です。正確には半指行性です。半と書いたのは、ヒトの骨格は蹠行性なので、完全な指行性には成れないからです。

*特に、武式太極拳(僑松茂先生伝) は、蹠行性から指行性へ移行します。心意六合拳はいきなり弓歩と成るので、蹠行性の段階がありません。

*これは、心意六合拳の鶏行歩に現れます。つまり、踵は地面に触れるか触れないかで、足指と趾球で立つ結果となります。踵に体重が載るようでは、鶏行歩は失敗です。

*蹠行性と指行性の違いは、日常歩行にも存在します。

*階段を上る運動は蹠行性となります。階段を下る運動は指行性となります。

*階段を上る時は、表側の筋肉=大腿直筋を使います。これはジャンプと同じです。

*階段を下る時は、裏側の筋肉=フクラハギなど下腿三頭筋を使います。

*つまり、指行性とは、階段を下る運動を平地で実行するというものです。そのために、低い姿勢となります。それが心意六合拳の鶏行歩です。

*低く成るための鶏行歩ではありません。低いことを自己目的化してはいけません。いいかえると、高い姿勢でもできます。(勁力ができていれば) この辺りのことは、心意六合拳者でも知らない人が多数のようです。

*特に、沈墜勁や震脚を使うと蹠行性に成ってしまうので、問題の前提条件が全く違ってきます。

*さて、弓歩で終わっても鶏歩で終わっても、本質的違いはありません。だから、弓歩の技を鶏歩で実行しても、本質的問題はありません。

*しかも、弓歩はフットワークが悪い。使う場面が限られます。

*ではなぜ、弓歩の技が存在するのか?

*それは手と足の同調を学ぶためです。

*鶏歩だと、かなり手足の同調をごまかすことができてしまいます。これは、本人の進歩のためになりません。ごまかしていると、姿勢勁力はいつまでもできません。

*宋氏形意拳には弓歩がありませんから、六合歩は難しくなります。(四把捶には弓歩があるけれど、宋氏形意拳では四把捶をほとんど練習しません。しかも、心意六合拳の成り損ないみたいな套路なので、やる気も起きません。) 六合歩は弓歩の変形と考えれば、上手くいきます。

*しかし、心意六合拳の弓歩と鶏歩は明らかに形が違います。弓歩はバランスがいいけど、鶏歩はバランスが悪い。だから、鶏歩は難しくなります。

*この形の違いとは、後ろ足が伸びているか、伸びていないかの違いです。

*弓歩は、足が伸びて筋肉も伸びています。伸張性収縮というわけです。鶏歩は後ろ足(に成る足) が伸びません。だから、伸びない足なのですが、内実は筋肉が伸びます。中で伸ばします。

*ここが理解の難しいところです。つまり、鶏歩には隠された勁力があります。

*回族の陳先生は、この隠された勁力を表面にして見せてくれました。そこで、私は勁力を確信しました。(もちろん解説はありませんでしたが、私はただちに理解しました。出会いはその一回だけ。その後は会う機会はありませんでした。もう会えないと想いますが。) 

<インチキ道場の練習予定>・・・予約無しで遊びにおいでませ~~
9月5日(月) 13時~光が丘公園芝生広場端北口方面、道のそばに石のテーブルがあります、
9月7日(水) 19時~開進第一中学校体育館
9月8日(木) 13時~平和台体育館
9月10日(土) 19時~開進第一中学校体育館

開進第一中学校は工事中なので、正門から校庭を周り体育館に来てください。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-09-05 06:26 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー