動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

インチキ極意=筋肉のコントロール

*以前、空手家先生に質問したら、「空手は足の筋肉全てを使う」と言われたことがあります。

*ところが、動物武術の心意六合拳と宋氏形意拳では、主要な筋肉と副次的な筋肉を使い分けます。

*主要な筋肉とは、足の裏側の筋肉と内側の筋肉です。副次的な筋肉とは、足の表側の筋肉と外側の筋肉です。

*足の裏側の筋肉とは、フクラハギなどの下腿三頭筋が根本としてあります。そして、大腿二頭筋、半腱半膜様筋、などです。内側の筋肉は、内転筋、内側広筋、などとなります。

*表側の筋肉は太ももの大腿直筋です。外側の筋肉とは、外側広筋です。

*武術の基礎といわれる馬歩は、大腿直筋と外側広筋で構成されています。

*というわけで、一般的武術=ヒト武術と動物武術は、主要な筋肉が逆転しています。

*特に、動物武術の根本筋肉は下腿三頭筋です。ところが、下腿三頭筋を覚醒させるのは難しくなっています。

*それは、心意六合拳の鶏歩でも、宋氏形意拳の六合歩でも、下腿三頭筋に力を入れてしまうからです。

*下腿三頭筋は体重を受け止めるだけでいいのですが、それ以上のことをやらせてしまうのがヒトの習性となっています。

*つまり、下腿三頭筋は緊張してしまいます。緊張した筋肉は、もはや勁力として使えません。緊張した筋肉は、もう緊張できません。筋肉としての役割を果たせません。

*そして、姿勢勁力を根本から破壊してしまいます。

*だから、まず下腿三頭筋の弛緩から練習する必要があります。フニフニ鶏歩の目的はそこにあります。

*私としては、勁力が理解できなかった頃、ゆるめることの必要性だけは理解できていました。だから、心意六合拳の師匠に「お前のは武術ではない、踊りだ」と叱られても平然としていました。

*力を入れるにしても、いきなり入れると失敗します。だんだん力を用います。

*棍本的には、自分の自意識と肉体の意識は別人格だと理解する必要があります。

*そこまで行かなくても、下腿三頭筋の仕事量を調整することが必要です。自分の体重だけの仕事量です。

*ところが、自分の体重を自覚することは、ほとんど不可能です。だから、簡単に太ってしまいます。私はデブですが、デブは自覚できません。

*そのために、心意六合拳の鶏歩は、宋氏形意拳の六合歩は、低く実行することが求められます。それは、自分の体重を自覚するためです。

*ところが、下腿三頭筋ががんばってしまうと失敗します。体重を受け止めるだけでなく、体重に反発してしまいます。結果的に地面を蹴ってしまいます。すると、元の木阿弥です。また、大腿直筋が目覚めてしまいます。

*多くの人は、体重に反発してしまいます。その結果、勁力は死んでしまいます。

*体重を受け入れるためには、少しずつ受け入れます。体重以上の緊張は排除します。筋肉のコントロールが大切です。だから昔の先生は、「力ではなく意識を使え」と言ったわけです。

*だんだん緊張する、ということを知ることです。ゆっくりと練習するのも、緊張の段階を理解するためです。

*ですから、乱暴な人は成功しません。でも突然の落下ならば、難しくありません。そんな人には、沈墜勁や震脚がおすすめです。しかし、もしも静かな勁力が欲しいのならば、筋肉のコントロールを知らなければなりません。

*だから、勢いは排除します。迫力は表面だけにします。中身は冷静です。常に、自分に対して客観的になります。自分の中に、主観の自分と客観の自分の二人が存在します。ここまで行かなくても、筋肉のコントロールを知るべきです。

*そのために、弛緩を学びます。弛緩にも段階があります。緊張にも段階があります。

*下腿三頭筋に力が入ってしまう人は、フニフニ鶏歩を練習しましょう。新しい練習法も今できました。これ面白いですよー

*平行立ちで、足指と趾球で高く伸び上がります。そこから突然ゆるめて落下します。ところがギリギリで踵が地面に着かないようにします。これと吊歩も練習します。

土曜日の練習にキッチン・タイマーを使用したら、高評でした。プププ どうせ3分間しか使用しないしー これからもキッチン・タイマーで行きますヨー 

<インチキ道場の練習予定>・・・予約なしで遊びにおいでませ~~
9月12日(月) 13時~光が丘公園芝生広場端北口方面、道のそばに石のテーブルがあります、
9月14日(水) 19時~開進第一中学校体育館
9月15日(木) 13時~平和台体育館
9月17日(土) 19時~開進第一中学校体育館
[PR]
by tiger-hawk | 2016-09-11 06:47 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー