「ほっ」と。キャンペーン

動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

元凶は拇指球

*ボシキュウ? ボシキュウてなんだ? あーもしかして拇指球のことか? まあ、私には関係ないから、どうでもいいか。無視しよう。

*というのが、以前のスタイルでした。無責任? そういわれても、不肖フジマツ、拇指球なんて言葉使ったことありません。

*「趾球と足指」は強調していました。それで造る「小アーチ」という言葉も使っていました。でも、拇指球なんて言葉は使っていませんでした。だから、私の責任ではありません。(世間一般では常識らしいですけど。) 

*でも今回、拇指球の概念が失敗の原因だと理解しました。

*拇指球で立つと、武式太極拳の弓歩ができません。心意六合拳の弓歩ができません。心意六合拳の単把が撃てません。宋氏形意拳の崩拳が撃てません。そして、心意六合拳の虎抱頭が撃てません。

*さらに、拇指球で歩くと心意六合拳の鶏行歩を失敗します。浮いてしまいます。

*必要なのは、足指の第一関節部分です。足指の第一関節部分で立ちます。足指の第一関節部分で歩きます。

*弓歩において、足指の第一関節部分で立つと、後ろ足の裏側・内側の筋肉へ直結します。

*でも、足指の第一関節部分を立てることはしません。立てると蹄行性となります。お馬さんや山羊さんやバレリーナになってしまいます。(ガゼルとバレリーナ、どちらもきれいです。)

*足指の第二関節部分は地面に着くことはありません。構造上の問題があります。そこは小アーチとなります。

*この足指ですが、五本のうち大切なのは、拇指=親指と人差し指と中指です。拇指だけではありません。

*拇指球の概念がいかに間違っているか、世間一般の認識とはなっていません。

*足指で歩くことを提唱している人が、拇指球で歩くことと解釈しています。拇指球は足指ではありません。めちゃくちゃです。

*心意六合拳の鶏行歩は、足指で歩きます。最後は足指です。その足指とは第一関節部分のことです。

*足指で歩くことなく、拇指球で歩くので浮いてしまいます。鶏行歩の失敗の原因は拇指球にありました。

*化勁について質問されました。

*化勁は存在するのか? 無いでしょう、と答えてしまいました。でもそれは間違っていました。

*化勁はある条件で成立します。

*それは、相手が、前のめり攻撃する場合、寄りかかり発勁する場合、前へ突っ込む場合、成立します。

*それは、身体が浮いているからです。太極拳の推手が成立する場合も同様です。

*では、相手が沈墜勁した場合は成立しないのか?

*その場合も成立します。それは沈墜勁の動作勁力をするということは、身体が浮いているからです。

*では、身体が浮いていない状態とは、どのようなものか?

*その最低条件とは、鼠蹊部が切り込まれていること、そして、足首が折れ曲がっていること、の二点です。

*それは、つまり、心意六合拳の鶏歩と弓歩、宋氏形意拳の六合歩、そして武式太極拳の弓歩の状態です。

<インチキ道場の練習予定>・・・予約は要りません。遊びにおいでませ~
10月8日(土) 19時~開進第一中学校体育館
10月10日(月) 13時~光が丘公園芝生広場端北口方面、道のそばに石のテーブルがあります、
10月12日(水) 19時~開進第一中学校体育館
10月13日(木) 13時~平和台体育館
10月15日(土) 19時~開進第一中学校体育館
[PR]
by tiger-hawk | 2016-10-08 07:22 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー