動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

体幹の拳・体幹の掌

*「力を抜いて腕を伸ばす」ということを教えてみました。肩の力も上腕三頭筋も使いません。肩も上腕三頭筋も上腕二頭筋もユルユルです。もちろん、肩甲骨も用いません。肩甲骨発勁なんてフジマツは知りません。

*腕を伸ばす筋肉は上腕三頭筋ですが、これを用いません。でも、大丈夫です。もう一つ腕を伸ばす筋肉があります。

*脇腹の前鋸筋です。これは自然と用いるので意識する必要はありません。

*ただし、脇を締めてしまうと具合が悪くなります。前鋸筋が使えません。脇は完全に締めないようにします。

*この方法で、宋氏形意拳の龍形基本功を実行します。熊の基本功も同様です。

*脇を締めないと、脇を差される危険性があると心配される向きもあるかと思います。

*しかし、心配は要りません。それは簡単につぶせます。反対に、脇を締めた拳はとても弱くなります。簡単につぶされます。だから、身体の中心に沿って拳を撃ち出してはいけません。

*拳は身体の中心へ向かって撃ち出されます。それが、宋氏形意拳の崩拳となります。心意六合拳の馬形拳も同様です。

*前鋸筋で腕を伸ばすことを体得すると、形意拳と心意六合拳でいうところの"龍身"となります。龍は古代ワニの化石から想像されました。ワニ=爬虫類ですから、肩から手が生えていません。爬虫類の前肢=手は脇腹から生えています。

*これに、"龍腰"が加わります。すなわち、体幹が動き半身となります。この体幹の動きが手の司令塔となります。

*手は勝手に動くのではなく、体幹の動きに合わせます。体幹の動きと手の動きが一致するようにします。それは、心意六合拳と宋氏形意拳の全ての技となります。

*その典型的な例が、心意六合拳の単把です。単把は、手が勝手に動く中国の先生もいますが、完全な間違いです。単把において、体幹の動きに手の動きを合わせます。体幹の動きが優先します。

*ところが、体幹の動きはほんのわずかです。ですから、手が独走する危険性があります。

*これを宋氏形意拳・熊の基本功1号で修正します。熊の1号でも、体幹の動きが優先します。

*これに、心意六合拳の鷹爪が加わります。鷹爪は、指先だけ緊張させます。そのために、指の第一関節で手指を広げます。

*実際には、前腕の筋肉が用いられます。それも手首近くの筋肉部分だけです。全部用いると、肘が硬く成ってしまいます。

*手首近くの前腕の筋肉ですが、それも片側だけです。すなわち、小指側の延長線上だけ用います。親指側の延長線上は用いません。すなわち、内側ではなく外側だけです。だから、腕は真っ直ぐには成りません。それが、心意六合拳・熊吊膀の腕です。

*小指の延長線上に、掌根があります。心意六合拳の単把と虎撲(双把) は、この掌根で撃ちます。(都合良くできています。ウフフ)

*拳も章も、腕が真っ直ぐには成りません。アーチ状に成ります。この腕を宋氏形意拳・龍形基本功で学びます。自分よりもはるかに重い人を、軽く支えられます。

*体幹の動きが優先します。手が独走してはいけません。その第一歩が、力を抜いて腕を伸ばす、ということです。すると、体幹の拳、体幹の掌が撃てるようになります。

<動物武術の練習予定>・・・予約なしで遊びにおいでませ~
10月12日(水) 19時~開進第一中学校体育館
10月13日(木) 13時~平和台体育館
10月15日(土) 19時~開進第一中学校体育館
[PR]
by tiger-hawk | 2016-10-11 07:13 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー