「ほっ」と。キャンペーン

動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

臍下丹田ではなく臍周丹田

*撃つ直前に力を入れてはいけません。それは無意味であるばかりでなく、出る力を阻害します。出る力が出なくなります。

*肩の力も必要ありません。だから、肩はゆるめるようにします。

*でも、肩甲骨は使いません。骨の代わりに筋肉を使います。肩甲骨の代わりに僧帽筋を使います。でも、僧帽筋は"壁"になります。だから、意識する必要はありません。

*腕の筋肉も使いません。腕の筋肉は、上腕三頭筋は撃った瞬間に腕を支えます。相手の体重を支えます。だから、意識する必要はありません。

*上腕二頭筋は撃つ瞬間に、前腕の筋肉=鷹爪を支えます。鷹爪の拳・鷹爪の掌を、上腕二頭筋が支えます。これも意識する必要はありません。でも、肘が伸びきると上腕二頭筋の支えが無くなります。結果、肘または肩を痛めます。

*だから、自分の腕の最適な長さを覚えます。これは、宋氏形意拳の龍形基本功で学びます。その長さを忘れてはいけません。

*唯一、力を用いるところがあります。それが心意六合拳の鷹爪です。鷹爪は、指先の第一関節から先のことです。ここを緊張させます。しかし、指先には筋肉がありません。

*だから、前腕の筋肉を使います。それも手首の近くだけです。それも、片側だけです。小指側の延長線上だけです。

*それも、宋氏形意拳の龍形基本功で学びます。それが、心意六合拳の馬形拳となります。心意六合拳と宋氏形意拳の全ての技となります。

*下丹田は使わないのですか? と質問されました。ハイ、使いません。いわゆる臍下丹田のことですね。それは下腹部ということです。

*刀を振り下ろしたり、振り上げたりする場合は、臍下丹田は有効だと思います。しっかりと、刀を振ることができます。つまり、古武道では使うと考えます。

*しかし、素手の武術は、臨機応変に変化しなければいけません。刀剣のような便利で鋭利なものは持っていません。そのために、心意六合拳と宋氏形意拳はサルの動きを理想としています。だから、臍下丹田は用いません。

*もう少し上のヘソを中心に考えます。ヘソを中心にして、腹横筋を左右横へ引っ張ります。すると、ヘソの周りに楕円形の空間が生じます。この楕円形の空間が身体の中心となります。

*だから、"臍下"丹田ではなく、"臍周"丹田です。

*回族は、刀剣の所持を時の権力により禁止されました。だから、心意六合拳に刀剣の技術はありません。その武器は、大きな二節棍と小さな手梢子です。

*そして、その身法は中型のサルです。金絲猴の孫悟空ではなくアカゲザルの孫悟空です。日本だとニホンザルです。

*どうしても肩に力を入れてしまう人には、自分の腕の重さを知る、という練習がおすすめです。

*腕の重さは約4kgあるそうです。4kgの鈍器でヒトを殴ったら死んでしまいます。少なくとも骨折します。

*しかし、肩や腕に力が入っていると、腕は軽くなります。もはや、腕の重さは使えません。

*腕は本当は重いのですが、そんなことを感じていては生活できません。仕事もできません。だから、日常は腕の重さを感じないように身体を操作しています。自然とそうなっています。

*力を抜くというのは、一つには腕の重さを実感できるようにする、という意味があります。

*すると初めて、腕を武器とすることができます。(心意六合拳は腕撃が中心となっています。)

*腕の重さを実感できない人は、腕の武器としての可能性を捨てているのです。そのままでは、永遠に撃てません。

*同様に、太ももの大腿直筋にばかり頼っている人は、下腿三頭筋の武器としての可能性を捨ててしまっています。だから、心意六合拳の鶏行歩ができません。

*下腿三頭筋を覚醒させるためには、心意六合拳の鶏歩と宋氏形意拳の六合歩があります。そして、即時に覚醒させるには、私が造ったドスコイ鶏歩が効果的です。

*下腿三頭筋は体重を利用して覚醒させます。だから、体重を足首に降ろします。

*同様に、前腕の鷹爪も体重を利用して覚醒させます。それが自分の体重を利用した鉄牛耕地です。ところが、ここでも肩の力が邪魔をしてしまいます。すると、前腕の筋肉は眠ったままです。永遠の眠りです。

*だから、肩はゆるめます。24時間ゆるめるようにします。それは、前腕の筋肉を覚醒させるためです。カラダが硬くても全く関係ありません。心意六合拳の鷹爪を造るためです。

<動物武術の練習予定>・・・予約なしで遊びにおいでませ~
10月12日(水) 19時~開進第一中学校体育館
10月13日(木) 13時~平和台体育館
10月15日(土) 19時~開進第一中学校体育館
10月24日(月) 13時~光が丘公園芝生広場端北口方面、道のそばに石のテーブルがあります、

力を抜くために禅密功やったほうがいいのかな? 
でもまた、「それ心意六合拳ですか? 」と嫌な顔されると凹むヘタレです(涙) 。
別にフラダンスでもいいんだけど? アハハ
太極拳の起勢でもいいんですけど・・・あれも腕の重さを感じないと駄目です。気の重さではないよ。渋谷あたりだと気の重さと言われそうですね。ウフフ
まあ、どうせまともにやってくれそうもないから、やめておきますか。
動物武術はがんばってもできないのですけど・・・がんばらないとできます。ハイ ! 
[PR]
by tiger-hawk | 2016-10-12 07:28 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー