動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

龍形基本功と体幹の統一

*ある日、ぼおーと柔道の練習を眺めていました。

*もしも、肩袖を片側だけでも取られたら、それで自分なんかは終わりだなあ、と感じていました。

*実際、柔道家の引き付ける力はたいへんなものです。肩袖を片側だけでも取られたら、それで投げられてしまいます。自分よりもはるかに強いのです。あらゆる面において、です。

*あれを防ぐにはどうしたらいいか? とアホ頭で考えました。すると、ひらめきました。宋氏形意拳の龍形基本功を応用すればいいのだ、と。

*すると、みごとにはまりました。肩袖だけでなく、胸元を取られた時も、片手を取られた時も、両手を取られた時も、そして、投げる時も使えます。

*これで、合気道要らず、というわけです。とても単純です。なにしろ、龍形基本功だけですから。

*ところが、これを教えてみたら、成功率は低いものでした。この技には欠点がありました。誰でもできるものではありませんでした。

*そもそも、これは技ではありませんでした。技ではなく、龍形基本功でした。

*つまり、要求されるのは"体幹の統一"なのです。体幹が統一されていないと、腕が暴走してしまいます。すると、失敗します。

*熊の基本功と同じことです。要求されるのは、体幹の統一でした。だから、形だけ真似しても失敗します。

*その根本は、雷声呼吸法でした。それは、腹横筋をヘソを中心にして、左右横へ引っ張ります。

*雷声は、イーの音を発声します。そのイーは口を横に開きます。横へつぶれた楕円形となります。その音は日本語にはありません。日本語のイは口を開きますが、横へは開きません。

*同様に、腹も左右横へ引っ張ります。腹も横へ楕円形となります。すると、脇腹も横へ膨らみます。腰の筋肉も横へ引っ張られます。

*そして、その腹の動きが、体幹の司令塔となります。

*しかし、ヒトは腕が勝手に動きます。そのようにして、ヒトは文明・文化を構築してきたのです。

*だから、龍形基本功だけでなく、熊の基本功が必要となります。特に、熊の1号が必修となります。

*熊の基本功でも、腕を暴走させる人がいます。そのほうが圧倒的多数です。そのように幼い頃から生活してきたのです。

*ところが、心意六合拳と宋氏形意拳の技の全ては、体幹の統一が要求されます。龍形基本功と熊の1号が要求されます。

*そして、龍形基本功を応用した逆技も、体幹の統一が必然となっています。これでは、誰でもできるものではありませんでした。単純に逆技をかけても失敗してしまいます。

*とまあ、欠点のある応用技ですが、反対に、体幹の統一ができているかどうか、との試験に使えます。

*龍形基本功を形だけ真似しているのか? それとも本質を理解しているのか? それが本人にも理解できます。

*ということで、試験として使えるわけです。そして、もしも使えるのなら、強力な武器となります。

<動物武術の練習予定>・・・予約は要りません。遊びにおいでませ~
10月20日(木) 13時~平和台体育館
10月22日(土) 19時~開進第一中学校体育館
10月24日(月) 13時~光が丘公園芝生広場端北口方面、道のそばに石のテーブルがあります、
10月26日(水) 19時~開進第一中学校体育館
[PR]
by tiger-hawk | 2016-10-20 06:57 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー