「ほっ」と。キャンペーン

動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

腕の独走と身体の統一

*久しぶりに心意六合拳・虎爪を練習したら、とても楽しかったので、腕の独走と身体の統一について述べてみます。

*沈墜勁や震脚など、動作勁力の人たちにとって、姿勢から勁力が生まれるなんてことは、受け入れ難いかもしれません。

*この姿勢勁力の姿勢とは、ヒトの姿勢ではありません。それは動物の姿勢です。ニワトリの指行性一本足の姿勢から生まれる勁力です。だから、心意六合拳の鶏歩と鶏行歩が必要なのです。(宋氏形意拳の勁力は六合歩の姿勢から生まれます。だから、沈墜勁も震脚も不要な静かな勁力となります。) 

*心意六合拳には鶏歩の無い流派もあります。鶏行歩の無い流派もあります。

*当然、それらの流派には姿勢勁力がありません。だから、動作勁力に成らざるを得ません。だから、それらの流派はこのblog で論じる必要がありません。

*蹠行性のヒトからは、勁力は永遠に生まれません。だから、動作を付け加える必要があります。

*そして、姿勢勁力の観点からヒトを観察すると、ヒトの身体は分裂していると見て取れます。

*腕と胴体は分裂しています。胴体と足は分裂しています。

*ヒトは腕と胴体を分裂させて、ヒトの文化・文明を築きました。それがヒトとなる類人猿の直立二足歩行です。

*しかし、今更、四足歩行に戻れません。そこで、直立二足歩行でありながら、腕と胴体を統一する道を探ります。胴体と足を統一する道を探ります。(ヒトは手と足の長さが極端に違うので、四足歩行は不可能です。)

*腕は勝手に動きます。それは腕を肩から生やしているからです。そこで、腕を脇腹の前鋸筋から生やします。それが形意拳と心意六合拳で称するところの"龍身"です。

*それでも腕は独走してしまいます。それは手があるからです。そこで、手の動きを制限してしまいます。それが、心意六合拳の鷹爪です。鷹爪の掌・鷹爪の拳を造ります。

*手の指は前腕の筋肉と直結させてしまいます。これで手は縛られてしまいます。

*胴体もそのままでは分裂しています。そこで、脇腹から鼠蹊部へかけて縛ってしまいます。縄で縛るのではなく、腹斜筋・腹直筋・腹横筋で縛ってしまいます。それが、形意拳と心意六合拳で称するところの"龍腰"です。

*さらに、鼠蹊部は切り込まれます。鼠蹊部が伸びていると非常に危ない姿勢となります。

*鼠蹊部を引っ込めると、尻を出す人がいます。腹横筋と腹直筋を使わないからです。

*尻が出ていると、尻と胴体が分裂しています。そこで尻を収めます。これは、腹横筋で下腹部を持ち上げてやります。すると、尻は収まります。それがいわゆる"提肛"です。

*蹠行性のヒトは指行性には成れません。骨格が異なっています。そこで、指行性に近づけるために、足首が折れ曲がります。すると、足指先が使えます。

*しかし、足首が緊張していると、見た目指行性で実際は蹠行性、という奇妙な姿勢となります。

*そこで、足首はゆるめてしまいます。足首は関節なので、無理する必要はありません。足首がゆるめば、下腿三頭筋が覚醒せざるを得ません。足首のバネは下腿三頭筋から生まれます。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-10-24 06:35 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー