動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

単純な指行性勁力

*こんにちわ、絶滅1秒前の虎鷹拳院のフジマツです。

*心意六合拳と宋氏形意拳の指行性勁力はとても単純です。

*心意六合拳の鶏歩と鶏行歩で解説してみましょう。

*鶏歩で、後ろ足の足首に体重を降ろします。この時、大腿直筋の負担を軽減してやります。そうしないと、足首に降りてくれません。つまり太ももをゆるめます。太ももは最低限の負担となります。

*この時に足首もゆるめてしまいます。足首が地面を蹴らないように。結果として、足首は折れ曲がります。

*足首は関節なので、実際には下腿三頭筋が体重を担います。それも足首に近いところの筋肉です。

*ところが、下腿三頭筋が地面を蹴ってしまう場合もあります。そこで、下腿三頭筋もゆるめてしまいます。最低限の仕事しかさせないためです。

*体重だけ支えればいいので、それ以上の仕事はさせません。

*鶏行歩とは鶏歩で歩くことです。実際には、大きい鶏歩となります。

*この時に地面を蹴ってしまうと、身体は浮き上がります。また、前へ突っ込んでしまいます。

*そこで、歩くのを止めてしまいます。一歩で止まります。

*その時に、前足が着地しても体重移動しないようにします。つまり、体重は主に後ろ足にそのままあります。この習慣性を造ります。

*初期段階では、一歩で止まります。そして、自分でチェックします。体重は継続して後ろ足が担います。この中間動作が大切となります。

*後ろ足一本で支え続けます。それは後ろ足の足首と下腿三頭筋のことです。下腿三頭筋が抜けないように注意します。

*前へ突っ込む習慣性を克服したら、見た目はその過程を省略します。つまり、いきなり未完成鶏歩になります。前足一本で立ちます。

*これには、見えない過程が存在しています。後ろ足の下腿三頭筋で支え続ける過程です。ですから、突っ込んでしまう人は、この未完成鶏歩を実行してはいけません。まずは、一歩の鶏行歩を練習して、前へ突っ込むクセを克服しましょう。

*宋氏形意拳も同様です。宋氏形意拳と心意六合拳の違いは、体幹の絞りにあります。(それが鶏歩と六合歩の歩型の違いとなって現れます。)

*心意六合拳は体幹の絞りが完成しています。完成していることを前提としています。(そのために体幹の絞りに無知な中国の先生も少なくありません。)

*宋氏形意拳には、体幹の絞りの過程があります。それが、熊の基本功1号と2号になっています。

*この体幹の絞りについては、また別の大きな課題となります。

<動物武術の練習予定>・・・予約は要りません。遊びにおいでませ~
11月2日(水) 19時~開進第一中学校体育館
11月3日(木) 12時30分~平和台体育館
11月5日(土) 19時~開進第一中学校体育館
[PR]
by tiger-hawk | 2016-10-31 08:34 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー