動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

指行性勁力は弱いバネです

「くそったれ ! 少年時代」という本がめっちゃ面白いです。C・ブコウスキー著、河出文庫、です。ジュンク堂で見つけました。もう一度読みたい名作をリクエスト重版! 丸善ジュンク堂限定!! とあったので他の書店にもあるのかな? 

オバチャンBが「チューゴクケンポウのセンセー」なとど私のことを言ってました。胸くそ悪いのですが、オバチャンBに面と向かって言えないので、「くそったれ! チューゴクケンポウ」と言ってみる。ついでに、「くそったれ ! チューゴクブジュツ」と付け加えてみる。アハハ

え? お前のインチキ武術の話でもしろや ! インチキジジイ !

ヘイヘイ、旦那様。では、勁力トライアングルのお話です。あーきれいなオネーサン、帰らないでくださーい !

*姿勢勁力の根本は指行性勁力です。指行性勁力は、勁力トライアングルによって形成されます。

*勁力トライアングルは、趾球と足指先・足首・下腿三頭筋の三つで形成されます。この中で地面と接触しているのは趾球と足指先だけです。それが心意六合拳の鶏歩です。

*心意六合拳の弓歩と宋氏形意拳の六合歩は、踵が少し地面と触れています。だから紛らわしいのですが、踵に体重は全く載っていません。

*ここが武術の基礎といわれる馬歩との違いです。馬歩を指行性にすることもできますが、わさわざそんな必要はあのません。馬歩をやらなければいいだけです。つまり、さようなら蹠行性(セキコウセイ) 。

*趾球も地面と接触しているのですが、一番大事なのは足指先です。すなわち、足指の第一関節から先の部分です。しつこいけど、拇指球ではナインヤデエ~~

*でも、ここをがんばって立ててはいけません。すると、羊さんやバレリーナに成ってしまいます。すなわち蹄で立ってしまいます。これを蹄行生と称します。

*つまり、足指先で地面を蹴ってはいけません。もちろん、趾球も地面を蹴りません。足首も地面を蹴りません。下腿三頭筋も地面を蹴りません。

*自分の体重のままに、重力のままに、地面を受け入れます。地面に逆らってはいけません。

*日頃、ひねくれ者のフジマツも地面には素直なんです。地面のままに、ありのままに、素直に成ります。大地こそが勁力の源なのです。

*大地をガンガン叩くなんて、もってのほかです。だから震脚なんてとんでもありません、動物武術としては。大地とは仲良くしてやさしく踏みます。なるべく音を立てないように。地面に反発しないように。

*勁力トライアングルは三角形のバネです。ところがこのバネ、地面と仲良くして反発してはいけません。

*ということは、とても弱いバネなんです。

*ここが誤解されるところです。バネですから、武術で使うバネですから、強く造るのが人情というものです。

*でも人情はこの場合断ち切ります。非情になって、強いバネは造りません。あくまで弱いバネを造ります。この弱いバネが姿勢勁力の根本と成ります。

<動物武術の練習予定>・・・予約は要りません。遊びにおいでませ~
11月19日(土) 19時~開進第一中学校体育館
11月20日(日) 19時~平和台体育館
11月23日(水) 19時~開進第一中学校体育館
11月24日(木) 12時30分~平和台体育館
[PR]
by tiger-hawk | 2016-11-19 07:54 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー