動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

進撃の鶏行歩

*武式太極拳における姿勢勁力はとても簡単です。ですから万人におすすめできます。どうして簡単なのでしょうか?

*それは歩くことを放棄してしまったからです。武式太極拳は歩きません。だから、武式太極拳は虚歩と弓歩だけで構成されています。後ろ足を寄せる動作で鶏歩みたいな形になりますが、それは単なる経過動作です。

*だから、心意六合拳のような鶏歩における姿勢勁力は要求されていません。

*それでも、身体が浮いてしまう先生がいます。ヒトの直立二足歩行の呪いに呪縛されているためです。武式太極拳が歩くと誤解しているためです。そして、武式太極拳の弓歩について無知だからです。

*武式太極拳の弓歩は、足の裏側・内側の筋肉により造られています。普通の弓歩は、足の表側=大腿直筋と外側=外側広筋によって造られています。でも武式太極拳・弓歩の構造は広く知られていません。先生も教えません。あるいは知りません。だから、無知が広まってしまいます。

*武式太極拳は太極拳ですから、歩くことを放棄しても問題はありません。太極拳はカウンター攻撃が主です。そんなに積極的ではありません。それは村を守る専守防衛の武術でしたから(陳家村の場合) 。武禹襄は儒教の先生でしたから。武禹襄は大人(たいじん) でしたから。

*宋氏形意拳を学習した時、歩くことを私は放棄しました。歩くと浮いてしまうからです。だから、ひたすら六合歩の定歩で五行拳を練りました。

*でも、本当は宋氏形意拳も歩くことを放棄しています。その套路は歩いているように見えますが、実は六合歩(三体式) が連続しているだけのことです。そのことは後に理解しました。

*ところが、心意六合拳は歩きます。積極的に歩きます。なにしろ心意六合拳は攻撃的です。カウンターの思想はありません。自分から仕掛けます。回族は積極的に防衛するのです。それは、漢族に支配され迫害され虐殺された歴史から生まれた「抵抗と反乱の武術」だからです。

*そこで、鶏歩と鶏行歩が生まれました。しかし、ヒトの直立二足歩行から離れる必要が生じました。身体が浮いてしまうことを避けなければなりません。

*だから、ニワトリの指行性一本足に学んだのです。だから名称も鶏行歩となりました。

*ヒトの直立二足歩行から離れたため、大腿直筋で地面を蹴って進むことは放棄されました。鶏歩を大きくして、地面を蹴るのではなく、足首が折れ曲がることによって歩幅を稼ぎます。下腿三頭筋に体重を降ろします。その体重を失うことなく歩きます。

*しかし、それも限界が来ます。限界を越えるとつぶれてしまいます。沈墜してしまいます。だから、つぶれる寸前の大きい鶏歩となります。

*武式太極拳と宋氏形意拳は支配民族の漢族の武術です。それは大人(たいじん) の武術です。村を防衛する武術です。相手の攻撃を誘ってカウンターを取ります。だから歩きません。陣地を築きます。

*しかし、心意六合拳は被抑圧民族の回族の武術です。積極的に撃って出ます。陣地は造りません。陣地で待っていても殺されてしまいます。少数民族だからです。だから、積極的に攻撃を仕掛けます。だから歩きます。心意六合拳は積極的に抵抗するのです。それは進撃の武術です。それが鶏行歩となります。

*余談ですが、どうして日本武術太極拳連盟の太極拳は膝を破壊してしまうのでしょうか? それは直立二足歩行を単純に低くしてしまったからです。すると、膝に体重が掛かります。膝で歩く結果となります。そのために膝を破壊してしまうのです。

*実は普通の日本人も膝で歩いています。しかし、直立歩行なのでそれほど大きい問題にはなりません。それでも、高齢になると筋肉が衰えて膝が変形してしまいます。変形性膝関節炎となります。

<動物武術の練習予定>・・・予約は要りません。遊びにおいでませ~ オクレテモカマシマヘン
11月26日(土) 19時~開進第一中学校体育館
11月27日(日) 19時~平和台体育館
11月28日(月) 13時~光が丘公園芝生広場端北口方面、道のそばに石のテーブルがあります、
11月30日(水) 19時~開進第一中学校体育館

@「穿いているのを忘れるわよ」とオバチャンAが言うので、私もニューバランスにしてみました。近所の安売り専門店に行ったのですが、それでも高かった。でも確かに軽い。ちくわさんに聴いたら、ニューバランスの創業者はニワトリの足からヒントを得たそうです。心意六合拳と縁が無いことも無い? 体育館ではKELME(室内用) を穿いています。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-11-26 07:17 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー