「ほっ」と。キャンペーン

動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

やさしくていねいに静かに

(昨日の体育館から)

*Hさんが来たので、みんなで武式太極拳をやってみた。起勢から単鞭まで、のところです。これ、めっちゃ簡単です。

*でも、弓歩の造り方が難しい。武式太極拳の姿勢勁力は弓歩にあります。弓歩さえできれば、勁力が生まれます。

*身体が浮いてはいけません。そして、下腿三頭筋に降ろした体重を逃がしてはいけません。そのまま、後ろ足の足指先から手の指先まで繋げます。

*手型は心意六合拳の鷹爪です。これは全く同じです。他の武式太極拳は知りませんが、僑松茂先生から心意六合拳の鷹爪と全く同じ手型を教わりました。

*武式太極拳の弓歩は、微妙な調整が必要となります。がんばっても無駄です。後ろ足裏側の伸張性収縮なんですが、単純にやっても失敗します。

*これ、回族の陳先生の方法も参考にやってみたほうがいいかもしれません。例の、後ろ足の踵を上げて下げる方法です。

*その時に、大腿直筋を使うのではなく、下腿三頭筋の伸張性収縮を用います。これ、中身は武式太極拳の弓歩と同じです。

*やさしく、ていねいに、静かに実行します。

*これも、弱い力と弱いバネを用います。用いるものは自分の体重です。

*それでも力を否定するものではありません。具体的なものなのです。肉体が大切です。

*肉体は、筋肉と骨が不可分です。それを分けて考えることはできません。だから、筋肉ではなく骨を使え、なんてのは暴論です。詐欺師の言葉です。

*同時に、肉体は魂と不可分です。肉体から魂が離れる時、死にます。魂だけとなった時は、幽霊というわけです。この幽霊のことを"気"と称します。気で打つ太極拳は、幽霊の踊りです。

*さて、武式太極拳の弓歩ができても勁力が出て来ません。その場合は、肩の力が抜けていないというわけです。とにかく肩の力を使いたがる人が圧倒的に多いようです。

*これを虎鷹拳院ではハンガー病と称します。肩にハンガーが入っています。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-12-01 07:37 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー