動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

秘伝は自分の肉体の中に

*来年で65歳になります。65歳といえば、いつ死んでもおかしくない歳です。60歳で腎不全と心不全をやったし。

*というわけで、最後に社会貢献したいと考えています。

*自分にできることは何か?

*それは、姿勢勁力としての武式太極拳(僑松茂先生伝) を普及させることです。そのために短い套路を造りました。フジマツのアレンジです。

*結果的に、"膝を破壊する日本武術太極拳連盟の太極拳"、の解体に繋がります。

*結果的に、"気で打つ幽霊太極拳"、の成仏に繋がります。

*その前に自分が死ぬのですが、かまいません。

*桃源イズクニアリヤ? と竹中労さんは問いました。桃源は、過程に死ぬことにあります。

*全てのものごとは未完に終わります。でも、次の世代のために"芽"を残しておきます。もはや竹中労さんよりも長生きしてしまいましたが。

*自分の人生は無駄に終わるかもしれませんが、芽はあります。そして私の骨は"幻の海"に沈みます。沖縄のHさんに頼んでおきました。ニライカナイの海へ・・・

*武式太極拳には蹠行性から指行性への移行過程がある。と私よりも頭の良いwさんが解明しました。

*それは、虚歩から弓歩への変化の過程にあります。すなわち、虚歩は蹠行性で、弓歩は指行性になります。

*でも気の短い私としては、虚歩の段階で隠れ指行性を造ることにしました。そのほうが膝の負担も少なくなります。

*虚歩を隠れ指行性にするためには、後ろ足の足首を折り曲げます。そして、体重が足指にかかるようにします。すると、下腿三頭筋が発動します。もちろん、鼠蹊部も折り曲げます。

*心意六合拳の鶏行歩と同じです。鶏行歩は踵から"接地"します。そこから一気に足指へ変ります。

*見た所、踵から"接地"するので蹠行性みたいです。そのために、踵から"着地"する人がほとんどです。すると、完全に蹠行性となります。

*見た目に騙されてはいけません。踵は地面に触れるだけで、即時、足指へ変ります。だから、足裏時間は短くなります。失敗する人は、足裏時間が長くなります。

*足裏時間が長いのは、大腿直筋に力が入り過ぎているからです。根本的には大腿直筋の役割を小さくします。そのために、大腿直筋をゆるめてやる必要があります。

*そのためには、足指ウォーキングが必要となります。ニワトリの指行性一本足に学びます。

*宋氏形意拳の六合歩は、最初から最後まで"隠れ指行性"となります。

*サンダーさんが、「心意六合拳述真」を翻訳しろ、とうるさい。あんなもの直訳すればいい。直訳ならば誰にもできます。辞書を見るだけです。古い拳譜は文学的に優れています。

*ところが、解るように翻訳しろ、という。それでは長大な文章になってしまいます。

*なにより、解るような翻訳はこのblogでやってしまいました。動物学の蹠行性と指行性の概念で解明してしまいました。もう終わっているのです。なぜそれが理解できないのかなあ?

*私の理論は、中国の古い拳譜よりも優れています。中国は伝統思想の呪縛から解放されていません。それしか無いからです。すなわち、中国4000年の伝統とは幻想だからです。

*文明と文化の断絶は、中国では何回も起こりました。最近では文化大革命がありました。私が宋氏形意拳を学習した1989年には、天安門血の日曜日がありました。毛沢東と中国共産党は自国民を8500万人虐殺しました。ですから、中国の文化は既に滅びているのです。

*必要なことは、心意六合拳の基礎的な技を練習することです。鶏撲食を撃てるようになることです。鶏形単把を撃てるようになることです。古い拳譜は文学的に優れていますが、それだけです。なんで解らないのかなあ? 

*古い拳譜を崇め奉るのは、宗教と同じです。いくら聖書を読んでも、コーランを読んでも、お経を唱えても、世界から戦争は無くなりません。人は幸せになりません。人間は愚かなままです。

*中国にも駄目な先生はたくさんいます。どうしてでしょうか? つまり、古い拳譜を読んだところで無駄なのです。本当のところを自分でつかみ取る必要があります。武術の本当のところは、文章にはありません。武術の真の姿は、自分の身体にあります。秘伝は自分の肉体の中にあります。

*全ての秘伝書は無意味なのです。なんで解らないのかなあ? そんなことより、単把を一時間練習すればいいのに。絶対に一時間練習できないけど。

@ 図書館から「哺乳類型爬虫類(ヒトの知られざる祖先) 」金子隆一 著、を借りて来ました。秘伝書なんかよりよっぽど武術に役立ちます。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-12-12 06:53

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー