動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

空っぽの後ろ足下腿三頭筋

*ヒトは触れられると相手に"寄りかかる"、とちくわさんが指摘していました。それが自然な反射行動だそうです。寄りかかり発勁の由来です。

*これは、大阪のマスター先生の動画にあったそうです。マスター先生、お元気ですか? 拳杯の失敗ではお世話になりました。ありがとうございました。何のお礼もしないで消えてしまって、ごめんなさい。

*でも、結果的には中国武術(中国拳法・中華武術) と絶縁できたので、良かったです。結果的には、胴締め先生にも感謝しています。全く恨むこともありません。大会をつぶしてくれてありがとう。いつか、マスター先生と胴締め先生といっしょに一杯飲みたいです。(アルコールはジンマシンが出るのですが、一杯位なら問題ありません。) 当時、開進第一中学校にいた娘も大学を卒業して就職します。過ぎ去ってみれば、全ては夢幻です。

*さて、本題に戻ります。

*寄りかかり発勁、体重移動、体重を乗せたパンチ、身体が浮く、地面を蹴る、沈墜勁する、震脚する、などの動きは、実は全て同じ現象なのです。

*それは何か? それは空っぽの後ろ足・空っぽの下腿三頭筋のことなのです。

*ところがヒトは幼少の頃から空っぽの後ろ足・空っぽの下腿三頭筋で歩いて来たので、それを自覚できません。

*私は宋氏形意拳の六合歩を通じて、空っぽの後ろ足・空っぽの下腿三頭筋になんとなく気付いていました。少なくとも、浮いている兄弟子を見て、自分も浮いていると自覚しました。(そして歩けなくなりました。) 

*それを確信したのは、心意六合拳の師匠のお陰です。その鷹抓把や鶏撲食です。もっとも直接そのことを指摘されたことはありません。

*それを直接見せてくれたのが、回族の陳先生です。ありがとうございました。でも、陳先生は後ろ足の踵を上げて降ろしただけです。そして、「この勁で撃つ」と言いました。私はそれで勁力の根本を理解しました。

*その後、武式太極拳の僑松茂先生にも教わりました。もっともそのことを直接習ったわけではありません。自分の弟子の演武を見て、「なんだか浮いているなあ」とつぶやいたのです。隣に立っていた自分はそれを聞き逃しませんでした。たぶん、自分に聞こえるようにつぶやいたのかな? と好意的に解釈することにしました。(それにしても自分の弟子に教える気は無いのか? と疑問を感じました。)

*浮いてはいけないのだから、浮かないようにすればいいだけです。そして、沈んでもいけません。沈むのは浮いた結果なのです。だから、姿勢勁力では沈墜勁や震脚や十字勁は使えません。それらは他の道場でやってください。

*浮いたままでは撃てません。沈むしかありません。しかし、そもそも浮いていなければ、沈む必要もありません。

*浮かないためにはどうすればいいのか? それは下腿三頭筋に体重を降ろすことです。

*そのためにはどうすればいいのか?

*鼠蹊部を折り曲げます。同時に尻を収めます(提肛) 。足首が折れ曲がります。結果として、足指で立つことになります。足指を使って歩くことになります。

*そのための、心意六合拳の鶏歩と弓歩、宋氏形意拳の六合歩なのです。心意六合拳の鶏行歩なのです。

*それだけで勁力が出ます。実に単純です。秘術も秘伝もウンコもありません。

*もう一つ、付け加えることがあります。陳先生にアドバイスをもらった日、師匠の兄弟子に、「初めて見た時はどうしようもない奴と思ったが、今日見たら少しは進歩したな」と微妙に褒められました。

*私はその言葉を好意的に受け止めました。「どうしようもない奴」という評価はその通りです。私には才能も素質もありません。だから仕方ありません。

*注目したのは、「少しは進歩した」と言われた部分です。

*自分が駄目なのは百も承知です。そこで、どうして「進歩した」と言われたのか? その部分について考えてみました。それが、「伸びない後ろ足」の確信に変りました。

*ところが、なんにも考えない人がいます。ボブ・ディランはなんにも考えていないそうです。それでも、素晴らしい歌が生まれます。なんにも考えていないのにできてしまう・・・それが天才というわけです。それでも50歳の頃、大きなスランプに陥ったそうですが。

*天才ではない人は、考える必要があります。私は鈍才なので、微妙に褒められたわけを考えました。それが勁力の発見に繋がりました。

*私はひねくれ者ですが、人を褒めることもあります。ところが褒められた人は舞い上がってしまいます。そこからガンガン練習して自分を駄目にしてしまいます。鶏行歩がある日できたので褒めたところ喜んでしまい、翌日からガンガン練習して駄目にしてしまいました。

*彼は考えるべきだったのです。どうして褒められたのだろう? どこが褒められたのだろう? と考えるべきだったのです。ところが、ガンガン練習して元の大腿直筋鶏行歩に戻ってしまいました。

*私は馬鹿で鈍才ですが、どこに注目すべきか考えました。みなさんも考えてみてください。それは自分の肉体を通して考えるべきです。素材も財産も、自分の肉体以外ありません。秘伝書なんかに血も肉もありません。読んでみたところで、勁力の無い人には解りません。勁力を体得した時、解ります。順序が逆なんですが、そんなもんです。

<動物武術の訓練予定>・・・ゆるい練習ですが、遊びにおいでませ~
12月14日(水) 19時~開進第一中学校体育館
12月15日(木) 12時30分~平和台体育館、19時~平和台体育館
12月17日(土) 19時~開進第一中学校体育館
12月19日(月) 13時~平和台体育館

@ 坊主さんから、
高山おかき、をいただきました。ありがとうございます。これ、めっちゃおいしいので止まりません。お陰でさらにブタに成りました。どうしよう? 
[PR]
by tiger-hawk | 2016-12-13 06:25 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31