「ほっ」と。キャンペーン

動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

大胸筋と大腿直筋をゆるめる

*宋氏形意拳の熊の基本功1号を教えてみると、みんな肩が先行してしまう。それで教えても無駄かなあ、とあきらめました。昔のことです。

*今は、肩が先行するのは人類共通の習慣なのだと理解しました。ヒトの直立二足歩行が原因です。

*どうして自分はできたのか? そこは不思議なんですが、考えないことにしました。アハハ そこはヘンタイなので、普通の人と違います。(宋氏形意拳の崩拳で徹底的に体幹をゆるめました。ふにゃふにゃ崩拳です。) 

*宋氏形意拳にしろ心意六合拳にしろ、中国にもヘタクソな人はたくさんいます。中国人も日本人も同じ人間です。

*ヘタクソな人とは、肩肘張った人のことです。強張った体幹は、勁力を殺すばかりでなく、反撃のチャンスも失い自滅してしまいます。(足指に体重を降ろすこともできません。) 

*フラダンスをやったほうがいいと思いますが、フラダンスの先生も迷惑でしょう。それで、禅密功を教えています。

*どうして肩肘張ってしまうのでしょうか? カイロプラクターのちくわさんによれば、大胸筋が原因だそうです。大胸筋を緊張させてしまうため、肩が緊張してしまいます。さらに、肘を緊張させてしまう人もいます。もしも逆技をかけられると、簡単に脱臼してしまいます。

*肩肘張るのは、自然な防御の姿勢です。でも防御の姿勢としても間違っています。

*こうした人に心意六合拳の鷹爪を教えてみると、指先から肩までガチガチにしてしまいます。使うのは前腕の手首近くの筋肉だけなんですが、部分的に使うということが困難なようです。

*鉄牛耕地にしたところで、強張った体幹でもできてしまいます。そうした人は、自分が強張っていると自覚することができません。自覚症状が無いと病院へも行きません。どんどん悪化します。これにプライドが加わると最悪です。

*元凶は大胸筋です。大胸筋の代わりに僧帽筋を用います。前鋸筋と小胸筋も用います。

*でも、部分的に使い分けできないのですから無意味な説教です。そこで焦点を設定します。

*使う筋肉は、前腕の筋肉と腹横筋だけ、と設定します。とりあえず、他の筋肉は無視します。僧帽筋・前鋸筋・小胸筋・腹斜筋・腹直筋などは、自然と使ってしまうので意識する必要はありません。

*鉄牛耕地も、前腕の筋肉と腹横筋だけで実行します。他は考えなくていいです。そして、肩・肘・胸はゆるめます。なかなかゆるまないので、24時間ゆるめるように注意します。

*心意六合拳の単把も宋氏形意拳の崩拳も、使うのは前腕の筋肉と腹横筋だけです。それと、足指先です。前腕の筋肉も腹横筋も使い過ぎないようにします。

*下半身については、太ももの大腿直筋が勁力を殺します。下腿三頭筋を殺してしまいます。大腿直筋も使いますが、使い過ぎるのです。

*どうして大腿直筋を使い過ぎるのでしょうか? これもヒトの直立二足歩行が原因です。700万年前、樹木にいたサルが地面に降りた時、大腿直筋で立って歩いたのです。それ以来、大腿直筋を発達させて、大腿骨を真っ直ぐに改造して、類人猿=初期人類は歩いてきたのです。

*だから、心意六合拳を創造した人は、ニワトリの指行性一本足に着目しました。そして、鶏歩と鶏行歩ができました。

*でもそのままでは、大腿直筋に力が入り過ぎです。そこで、大腿直筋をゆるめる必要があります。

*上半身では大胸筋をゆるめます。下半身では大腿直筋をゆるめます。

*そして、他の筋肉に重点を移します。大胸筋ではなく、前腕の筋肉と腹横筋へ。大腿直筋ではなく下腿三頭筋へ。まずは、ゆるめることから始めましょう。

*なお、個人差があるので、ゆるめる必要の無い人もいます。ゆるめる程度にも個人差があります。ゆるめるべき人には自覚症状がありませんから、説得が難しい場合もあります。
[PR]
by tiger-hawk | 2016-12-23 07:18 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー