「ほっ」と。キャンペーン

動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

僑式太極拳宣言

*武式太極拳=僑松茂先生の僑式太極拳をやってみて解ったこと。・・・大腿二頭筋=太ももの裏側が強くなりました。また、蹠行性(せきこうせい) から指行性への移行が、特に前足に関して見られます。(虎鷹拳院会員のwさんが看破しました。) そのために、前足の足指が覚醒しました。自分としては、後ろ足は最初から隠れ指行性にしました。

*姿勢勁力として、僑式太極拳はとても解りやすくなっています。難しい心意六合拳の鶏歩も宋氏形意拳の六合歩もありません。小さい弓歩だけです。

*これは姿勢勁力への入門として最適、と認識を改めました。また、膝を壊す日本武術太極拳連盟と無縁です。オカルト気の太極拳とも無縁です。

*そこで、僑松茂先生が僑式太極拳と名称を改めたことを尊重して、私も僑式太極拳と称することにしました。武式太極拳が北京の武術権力に直接結びつくのなら、そこから離れたほうが賢明だろうとの判断です。中国での詳しい事情は解りませんが。

*来年から僑式太極拳の普及活動を始めます。どうせ一般の人には、太極拳といえば日本武術太極拳連盟かオカルト気の太極拳のことです。武式太極拳なんて知りません。だったら、僑式太極拳を名乗ったほうがすっきりするだろうとの判断です。

*僑式太極拳の根幹は、足指の指行性と心意六合拳・鷹爪です。鷹爪とは指先の第一関節から先を張ることです。これは指行性四足歩行動物を基準とするとはっきり解ります。つまり、虎のことです。

*足指の指行性は、足の裏側・内側の筋肉の伸張性収縮によって成立します。足の裏側を伸ばしながら、筋肉を緊張させます。普通は短縮性収縮なので、解りにくいかもしれません。

*例えば、力こぶを造る時が短縮性収縮です。これは上腕二頭筋の短縮性収縮です。柔道や相撲の引きつけの時に使います。反対に相撲の押し・突っ張りの時は伸張性収縮を使います。

*相撲の蹲踞から立ち上がる時は伸張性収縮です。これを太ももの大腿直筋ではなく、裏側の下腿三頭筋と大腿二頭筋で実行します。大腿直筋を利用すると、前のめりとなります。はたき込まれる原因です。

*ヒトの直立二足歩行は、類人猿の大腿直筋を大きく改造し、大腿骨を真っ直ぐに改造して実現しました。化石人類学の本にあります。

*大腿直筋で地面を蹴って、人類はアフリカを出て世界に拡散しました。

*蹠行性から隠れ指行性への変換は、この人類の歩き方を改造する必要があります。特に現代日本人は純粋蹠行性になってしまったので、意識変革が必要です。(別にスニーカーやランニング・シューズのせいではありません。私はニューバランスのランニング・シューズで外を歩きますが全く問題ありません。) 

*ウォーキングやランニングは地面を大腿直筋で蹴ります。大腿直筋はジャンプする筋肉です。だからスクワットも大腿直筋です。武術の基礎とされる馬歩も大腿直筋構造です。(というわけで、虎鷹拳院では馬歩を練習していません。) 

*これを裏側の下腿三頭筋と大腿二頭筋に改造します。内側の内転筋も覚醒させます。

*これは足指を使って歩くだけで解決します。足指を使うといっても、足指を動かすわけではありません。ここは誤解されてしまいます。

*ただ、足指に体重がかかるだけです。そのために、足首が折り畳まれます。鼠蹊部も折り畳まれます。尻は収まります。

*現代日本人はこれができません。それで、ホンダのアシモ君には足指も趾球もありません。

*足指ウォーキングをしていると、土踏まずがはっきりとしてきます。どうやら、土踏まずが発達するようです。

*なお、日本のオジサンはほとんどの人ががに股です。がに股だと、内転筋が弱ってきます。バランスが足の小指側になります。隠れ指行性は絶対に無理です。

*足の親指側でバランスを取ります。肩が左右に揺れないようにします。雑踏で観察していると、オジサンはほとんどみんな肩が揺れています。つまり、がに股です。

*がに股をオカマ歩きに改造します。それが心意六合拳の鶏行歩です。

*なお、僑式太極拳のロウシツヨウホは、宋氏形意拳・熊の基本功1号で撃てます。同じ構造です。とりあえず熊の2号は要りません。

*熊の2号を加えると、より強力となります。

*心意六合拳の熊吊膀も熊の基本功1号でできています。熊の2号を加えるとより強力となります。

*どのような場合も、肩の力を抜く必要があります。これは中年のオジサンにとってたいへん困難です。根気よく練習してください。私の場合は、ふにゃふにゃ崩拳で克服しました。

*でも、心意六合拳が好きな人にはすすめられません。すすめても拒否されてしまいます。心意六合拳のゆったり熊吊膀でやってみようかな、と考えています。(なんだか、僑式太極拳から離れてしまった。いい加減だなあ、アハハ) 

@ ジュンク堂へ行ったら、「殺人の人類史・上」があった。コリン・ウィルソンの遺作、待望の刊行、と帯にあったので、さっそく手に入れた。ところが、遺作原稿を息子のディモン・ウィルソンが整理したそうです。そこまではいいのだが、第三章に水棲類人猿説が採用されていた。オイオイ、息子は馬鹿か? 馬鹿なんだろうなあ。水棲類人猿説は島泰三先生が「はだかの起原」で完全論破しているぞ。まあ、読んでいないだろうけど。というわけで第三章はとばして読むことをおすすめします。でも、水棲類人猿説のためにかなり価値が下がってしまった本書であります。ダーウィンの進化論に疑問が無いみたいだし。もう自然淘汰論は使えないし。そういえば、こいつも大英帝国か ! 
[PR]
by tiger-hawk | 2016-12-26 07:22 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー