「ほっ」と。キャンペーン

動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

三つの基底条件

*姿勢勁力の基底条件は、たった三つです。

*第一・・・それは、鼠蹊部を折り畳むこと(同時に尻を収める=提肛) が一つです。鼠蹊部と膀胱のあたりが凹みます。しかし、尻を出してはいけません。腹横筋で下腹部を持ち上げてやると、尻が収まります。

*これが無いと、非常に不安定な姿勢になります。鼠蹊部が伸びていると、簡単に吹っ飛ばされます。また、膝に体重がかかりやすくなります。結果、膝を痛めます。

*第二・・・それから、足首が折り曲げられることです。これは、足首「が」折り曲げられます。足首「を」折り曲げるのではありません。

*足首に体重を降ろすことによって、足首が折り曲げられます。力を込めて足首を折り曲げてはいけません。自分の体重に任せます。

*通常、ヒトは低い姿勢に成る時、膝を折り曲げます。これは間違いです。膝を折り曲げると膝に体重がかかります。すると、膝を痛めます。腰も痛めます。(日本武術太極拳連盟の太極拳で膝を壊すのは、これが原因です。) 

*したがって、膝を折り曲げてはいけません。あくまで、足首が折り曲げられます。足首に体重を降ろします。膝はついでに曲がります。膝は「ついで」の存在です。

*足首に体重を降ろすと、足首が折り曲げられます。すると、足指にも体重がかかります。地面に接しているのは足指と趾球となります。(これが隠れ指行性となります。ネコ科・イヌ科や鳥類=ニワトリに近くなります。心意六合拳と宋氏形意拳はニワトリの指行性一本足に学びました。) 

*姿勢勁力の発するところは、足指です。(拇指球ではありません。) しかし、足指に力を込めてはいけません。足指は軽いストッパーとなります。

*二つの基底条件を守って足指と趾球で立つと、下腿三頭筋が覚醒します。下腿三頭筋の伸張性収縮が動き出します。

*第三・・・実際に見て動くところは、前腕の筋肉です。前腕の筋肉だけが見えるように動きます。これが、心意六合拳の鷹爪となります。

*鷹爪とは、前腕の筋肉で指を操作します。前腕の筋肉で拳を掌を造ります。 
[PR]
by tiger-hawk | 2017-01-12 08:09 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー