動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

肉体と意識の改造

*力を抜くといっても、闇雲に抜くのではありません。やたら力を抜くとヨーガの死のポーズに成ります。つまり、寝てしまいます。

*しかし、気で打つ、わけではありません。気とは気持ちのことです。しかし、武術の気とは何か? それは反射神経と成ります。

*武術を安易に格闘技化すると、反射神経の競争となります。どっちが先に当てるか、という競争です。残念ながら、そこに勁力は生まれません。反射神経は勁力ではありません。戦略・戦術も生まれません。

*拳は速ければそれだけでいいわけでもありません。速さだけ競うと、腕の伸縮運動になってしまいます。軽い拳となります。

*上半身では、肩と大胸筋と上腕の力を抜きます。でも、なかなか難しいものがあります。全てフニャフニャでも困ります。そこで、代わりのものを用意します。

*肩(肩甲骨) の代わりに僧帽筋です。

*大胸筋の代わりに小胸筋と前鋸筋です。

*上腕の代わりに前腕です。この前腕の筋肉で指を操作します。前腕の筋肉で掌を、拳を造ります。それが心意六合拳の「鷹爪」です。心意六合拳の単把は、宋氏形意拳の崩拳は、直接には前腕の筋肉で撃ちます。

*身体全体の制御は腹筋群です。腹を少し凹ませて左右横へ腹横筋を引っ張ります。ここが中心となります。腹直筋で体幹を立てます。腹斜筋で体幹を締めます。これが心意六合拳と形意拳の「龍腰」へ繋がります。

*背骨は体幹の真ん中にあります。だから、背筋を伸ばすと背骨は反り返ります。それは弱い姿勢となります。

*猫背になるのは、腹直筋を使わないからです。すると、だんだんと腹直筋は弱まります。やがて背骨は曲がります。

*座っていても少し訓練はできます。それは体幹を腹直筋で立てることです。もちろん、腹横筋も使います。

*上半身は体重の利用が難しくなります。そこで、鉄牛耕地します。しかし、注意しないと鉄牛耕地は腕立て伏せになってしまいます。腕立て伏せは肩甲骨発勁に発展します。

*誰が考案したのか知りませんが、肩甲骨発勁は愚かな行為です。私は笑って見ていましたが、かなり病気が拡大しているそうです。肩の脱臼も招きます。

*歩型の練習が姿勢勁力の基礎となります。心意六合拳の鶏歩と弓歩、宋氏形意拳の六合歩、です。

*秘術を求めて虎鷹拳院に来る人もいます。そんな人は鶏歩や六合歩の練習から逃げます。虎鷹拳院に秘術はありません。姿勢勁力の根本は指行性勁力です。立ち方・歩き方が基礎です。秘伝はありません。全部、公開しています。

*弓歩から始めます。弓歩の勁力は練習の初日から出ることもあります。先日の若い女性は見学の初日に勁力を出していました。とても簡単です。

*でも、武術の経験者は大腿直筋で弓歩を造ってしまいます。大腿直筋に外側広筋も加わります。これはなかなか治りません。だから、未経験者のほうが上手く場合があります。寄りかかり病もありません。肩発勁病もありません。

*秘術・秘伝はありません。だから、いつも同じことを書いています。だから読んでも面白くありません。実際にやってみると、面白くなります。実行するのは、あなたの肉体です。肉体と意識の改造です。気ではありません。

*ところで・・・いつも馬鹿なことばかり言っているので、オバチャンBが「センセーはアホ だから」と言ってました。若い女性の前でそんなこと、言わんといてなー アホやけどー
[PR]
by tiger-hawk | 2017-02-01 07:44 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー