「ほっ」と。キャンペーン

動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

内動する下腿三頭筋

*今からお話することが、姿勢勁力の発射装置となります。

*姿勢勁力は静的勁力ですが、発射装置はあります。爆発はしません。長く続けて撃つことができます。(もちろん、疲れると止まります。)

*それは、心意六合拳の鶏歩に、弓歩に、宋氏形意拳の六合歩に、その内部に備わっています。

*もちろん、初心者の足には構築されていません。また、動的勁力だと必要ありません。

*同じ心意六合拳でも、同じ形意拳でも、沈墜勁や震脚などの動的勁力を採用した場合、要らないので構築されません。だから、感じることはできません。だから、一般的勁力の場合、納得できません。

*指行性勁力の始まりは足指です。足指に体重を降ろします。そして、足首は折れ曲がります。すると、下腿三頭筋が覚醒します。

*下腿三頭筋の伸張性収縮です。解りやすいのが、弓歩です。心意六合拳の弓歩、あるいは武式太極拳の弓歩です。

*弓歩の後ろ足は伸びています。その膝裏が伸びています。その動力が下腿三頭筋の伸張性収縮です。(大腿直筋でも足を伸ばすことができます。普通の弓歩です。その場合は下腿三頭筋が使えません。) 

*では、心意六合拳の鶏歩や宋氏形意拳の六合歩では? 鶏歩や六合歩の後ろ足は伸びていません。見た目は膝が折れ曲がっています。伸張性収縮の伸張がありません。

*どうなっているのでしょうか? 実は、足が曲がっていても、下腿三頭筋は「内動」するのです。下腿三頭筋自体は曲がりませんから、当然のことです。同様に大腿二頭筋自体も曲がりませんから内動できます。(こうして見ると、当たり前のことですね。アハハ 秘伝も何もありません。) 

*見た目では動いていません。実はほんの少し動いています。

*これが見える瞬間があります。それが、心意六合拳の鶏行歩です。でも、鶏行歩でもなかなか見えません。(同じ鶏行歩でも存在していない先生もいます。中国にもたくさんいます。) 

*鶏行歩は、鶏歩から始まります。その歩き出しの「起こり」に下腿三頭筋の内動があります。

*ところが、そんなものは無くても歩けます。普通は地面を蹴ってしまうので、そんなものは必要ありません。鶏行歩でも、普通に歩く時でも、そんなものは必要ありません。

*普通に歩く時は、体重移動から始まります。これがいわゆる寄りかかり発勁となります。

*この体重移動の瞬間を見つめてみると、下腿三頭筋は使っていません。下腿三頭筋に体重はありません。下腿三頭筋は空っぽの状態です。後ろ足の踵は高く挙がります。

*同じ鶏歩でも、後ろ足の踵が高く挙がっていると、下腿三頭筋は空っぽの状態です。

*歩き出しの「起こり」で体重移動すると、身体を支えるのは大腿直筋となります。その大腿直筋で地面を蹴って進みます。

*最初の起こりの違いが、静的勁力と動的勁力の運命を決めます。

*最初の起こりで、下腿三頭筋が地面を蹴る場合もあります。そんな流派もあります。その場合も、下腿三頭筋の内動は存在できません。

*普通に歩いていても、ウォーキングしても、ランニングしても、下腿三頭筋の内動は生まれません。

*特に現代日本人は足指を使って歩かないので、永遠に生まれません。ホンダのアシモ君は、足指を使わない現代日本人を元にして創作されました。だから、アシモ君にも、現代日本人にも、姿勢勁力は生まれません。永遠に理解できません。

*だから、おすすめは足指ウォーキングです。これを鶏歩と併用します。日頃歩く時は足指ウォーキングします。

*もちろん、足指ウォーキングだけでは下腿三頭筋の内動は生まれません。しかし、近づくことができます。鶏歩ができるようになれば、足指ウォーキングだけで発射装置が備わります。

*この段階になると、歩型は自由となります。棒立ちでも撃てます。どうでもよくなります。しかし、その内実は鶏歩・六合歩なのです。(この記事は良く書けました。◎です。ウフフ) 
[PR]
by tiger-hawk | 2017-02-02 07:25 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー