動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

おかしな歩き方

*とてもおかしな歩き方です。前足が前へ出ます。心意六合拳と形意拳の最初の一歩は、前足が前へ出ます。例外もありますが、基本の単練法はそうなっています。

*普通の歩き方では、後ろ足が前へ出ます。その後ろ足は前足となります。次の一歩は、やはり後ろ足が前へ出ます。そうして歩いて行きます。

*ところが、心意六合拳と形意拳の最初の一歩は、前足が前へ出ます。そのために、後ろ足に体重のほとんどが載っています。そうしないと、前足を前へ運べません。前足に体重が載っていると、前足を動かすことができません。

*だから心意六合拳の鶏歩は、形意拳の三体式(宋氏形意拳の六合歩) は、ほとんど後ろ足で立っています。

*このおかしな歩き方に、姿勢勁力の基礎勁力が隠されています。

*そのことに無知な人は、震脚に意味があると誤解しています。あるいは、後ろ足を引き付ける「跟歩」に意味があると誤解しています。

*浮いている身体では撃つことができません。だから、震脚や沈墜勁を用います。それだけのことです。後ろ足を引き付けないと、前足を前へ出すことができません。それだけのことです。

*前足を前へ出すためには、前足に体重移動してはいけません。前足に体重移動してしまうと、もう前足は動けません。

*これがニワトリの指行性一本足と関係があります。一本足になることによって、体重移動しなくなります。体重移動以前の動作が加わります。

*ここに、心意六合拳と形意拳の指行性勁力が成立します。

*ジクザク歩法の最初の一歩では、後ろ足が前へ出ます。その時も、いきなり体重移動してはいけません。その前に、指行性勁力が発動します。

*すなわち、後ろ足の下腿三頭筋と大腿二頭筋が伸張性収縮します。この場合は弓歩になりませんので、大きい鶏歩・大きい六合歩となります。その最初の「きざし」あるいは「起こり」があります。

*これは解説してもらわないと、なかなか解りません。なぜなら、普通のように歩けば、いきなり体重移動してしまうので、その過程が存在していないからです。

*あるいは、地面を蹴ってしまうと、同様にその過程が消えてしまいます。

*もちろん、私はある段階でこの隠された過程を理解できました。でもこれは例外的でした。多くの人は気付きません。だから私は公開しています。先生から教えてもらったことはありません。でも、先生の動作を観察していれば、理解できました。
e0011605_038488.jpg

ジュンク堂へ行ったら一冊ありました。これは面白そうです。サル的生き方からオオカミ的生き方へ変われそうです。
[PR]
by tiger-hawk | 2017-02-04 08:43 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー