動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

指行性で一本足

*縮んだ足では、伸張性収縮の伸張の幅が短くなります。するとかなり技が荒くなります。結局、大腿直筋に頼ることになる。やっぱりガチガチおじさんには圧腿をやってほしいです。技が上達するし、腹部も蹴れるようになります。

*形意拳道場では圧腿をやらないところもあるようです。確かに震脚やれば、下腿三頭筋の伸張性収縮は必要なくなります。だからやらないようです。

*それと、どうも高い蹴りのために圧腿がある、との誤解があるようです。確かに高い蹴りには圧腿が必要ですが、それだけではありません。この辺り、説得がメンドー臭い。アハハ 特にいわゆる中国拳法出身者は頭が硬い。

*ところで、心意六合拳の鶏行歩では、大腿直筋の役割が変わります。下腿三頭筋が原動力なので、大腿直筋はバランスを取る役割になります。

*ランニングやウォーキングでは、大腿直筋で地面を蹴ります。それはジャンプ運動ということです。つまり、スクワットと同じです。スクワットもジャンプ運動なので、アホのフジマツはやったことがありません。直感的に、スクワットやると鶏行歩がヘタクソになると感じました。

*鶏行歩における大腿直筋は、ランニングと真逆になります。大腿直筋は身体を浮き上がらせるのではなく、地面を押さえます。

*大腿直筋が地面を押さえるので、鶏行歩はランニングになりません。高速鶏行歩も簡単にできます。

*この地面を押さえる大腿直筋は、前足一本足状態の時から始まります。典型的なのが、収勢の鷹捉(ようそく) や鷹抓把(ようそうば) などです。虎撲や単把も同様です。

*前足を高く挙げるのは、地面を押さえる意味もあります。

*これは一本足ではじめて可能だと考えられます。だから、二本足の馬歩では地面を押さえられません。

*やはり、一本足時間を造ることが大切となります。放し飼いに近いニワトリの一本足時間歩行を、観察してみてください。

*私も上海の郊外で、農家のニワトリを観察させてもらいました。心意六合拳の師匠に、フジマツ見てみろ、と連れて行かれました。

*ニワトリも鳥類なので指行性です。指行性で一本足時間歩行というのは、矛盾を感じます。とても不安定です。

*この不安定が姿勢勁力を生み出します。それは、分散している自分の体重を一点に集中します。

*心意六合拳と形意拳の龍身・龍腰も、分散している自分の体重を集中させます。

*しかしそれは、身体の中心から撃つことではありません。

*自分の身体の中心へ向かって撃ちます。だから、自分の体重が一点へ集中します。

@ ご近所さんができたので、日曜クラブをやろうかなと思います。日曜10時~光が丘公園で練習します。会員でやってみたいと思う人が一人でもいたらやります。参加者募集します。
[PR]
by tiger-hawk | 2017-03-01 07:47 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー