動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

隠れ蹠行性の修正

(昨日の体育館から)

*心意六合拳の鶏歩に、隠れ蹠行性(せきこうせい) が存在するという事実を発見したアホのフジマツです。

*後ろ足の踵はわずかに地面から離れているけど、その踵に体重が掛かっているというのが、隠れ蹠行性です。指行性のフリをしているだけの偽物の指行性です。足首と足指に体重が降りてきません。足首の内側ではなく、踵に体重が掛かります。

*で、姿勢勁力が死んでいます。

*そんなwさんを修正してみました。

*ところが ! 簡単に治ってしまいました。

*鼠蹊部をもっと折り畳んで、お尻をしっかりと収めてあげました。すると、あっさり勁力が出ました。

*ちょっとごにょごにょやっただけです。大丈夫かな? 治るかな? と心配していましたが、全く問題ありませんでした。

*その後、戻ることもありましたが、数回修正して問題なくなりました。

*鶏行歩も修正してみました。

*地面を蹴って進むのではなく、足首が折れ曲がって進みます。本人はちょと不安そうでしたが、本当に足首が折れることはありません。

*誰でも足首が抵抗してしまうのですが、その抵抗を止めてしまいます。すると、簡単にできます。

*新人のおじさん(名前はまだない) に、武式太極拳の弓歩を詳しく教えてみました。詳しくといっても、簡単なんですが。

*徐々に後ろ足の体重を足指へ移します。それと同時に、後ろ足裏側の筋肉を伸張性収縮させます。裏側の筋肉とは、下腿三頭筋と大腿二頭筋のことです。

*するとあっさりできてしまいました。これで少し勁力が出ます。問題は最後に肩を使ってしまうことです。これ、残念なことにみんなやります。

*肩を使うということは、大胸筋を使うということでもあります。で、おじさんに聴いてみたらやっぱりベンチプレスをやっていたということでした。なかなか力があるのですが、ジム・トレーニングしていたのでしょう。

*肩甲骨が収まりません。背中から肩甲骨が突出しています。鉄牛耕地が腕立て伏せになってしまいます。腹も落ちます。

*力があるということは良いことです。その方向性を少し変えてあげます。腕は肩からではなく、脇腹の前鋸筋から生やします。すると肩が落ちて、丸くなります。肩甲骨の突出が消えます。

*これは気長にやってください。肩を使わなく成ると、相手がとても軽くなります。はず押しと似たようなものです。はず押しも肩を使いません。腕は脇腹から生えています。相撲はとても合理的にできています。

*それを心意六合拳の虎撲・単把、その他の全ての技で実行するだけです。宋氏形意拳も同様です。

*ともかく、武式太極拳の弓歩については、誰でもすぐにできてしまいます。心意六合拳の鶏歩のようなバランスの悪さもありません。簡単に勁力が出ます。

*喬先生が教えなかったのも、その辺の事情でしょうか? 

*姿勢勁力の入門として武式太極拳は最適かもしれません。ただし、弓歩だけなので、フットワークはありません。フットワークが欲しい場合は、心意六合拳の鶏歩と鶏行歩が必要です。

*鶏歩と鶏行歩は、軽いフットワークなのですが、身体は浮きません。身体が浮いてしまうと、姿勢勁力は死にます。

*身体が浮かないために勢いは殺しますが、高速の鶏行歩もできます。でも、いいことばかりではありません。

*鶏歩はバランスが悪いので、すぐに結果が出ません。そこは気長にやってください。

*鶏歩の落とし穴は、地面を蹴ることです。これは簡単に見分けられます。後ろ足の踵が高くなります。これも隠れ地面蹴りがありますが。役者やのう・・・

*もう一つ、隠れ蹠行性があります。後ろ足の踵に体重が掛かります。これは鼠蹊部とお尻を修正します。

*男性の修正は簡単でした。女性の場合は? 誰がやってください。フジマツがやると警察に逮捕されてしまうかもしれません。治療家のちくわさんがいいでしょう。アハハ 
[PR]
by tiger-hawk | 2017-03-05 08:42 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー