動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

伸びない足の伸張性収縮

*姿勢勁力の根本は足下にあります。だからそれは下下勁力です。

*下下勁力とは何か? それは伸びない足の伸張性収縮のことです。

*え? フジマツはキチガイだ? 何を言っているのか解らない? 伸張性収縮だから、足は伸びるのだろう。それはあなたの頭が世の中の常識に犯されているからです。常識なんか捨てればよろしい。

*24式太極拳の製作者=李天麒先生の演武をまじかに見た時、なんで上下動しているのだろう? と不思議だった。あれはヘタクソではないのか? (本当はヘタクソではありません。動的勁力=沈墜勁なのだから上下動しても問題ありません。姿勢勁力ではありませんから。)

*それで上海の顧留馨先生に会った時、なんで李天麒先生はあんなにヘタクソなのに高い地位にいるのか? と聴いてみた。すると、親の七光りだと返答された。へ~解放中国もちっとも進歩的ではないなあ、と感じました。

*それから30年位して、中華人民共和国は中華民国の後継者ではなく、清朝の後継者なのだ、と知りました。なるほど、だから国内にチベット、モンゴル、東トルキスタンなどの植民地があるわけです。そして、心意六合拳を創始した回族も被抑圧民族でした。中国共産党も三千年前の中国と同じ王朝国家でした。

*五族協和なんて言ったのは旧日本軍が造った満州国ですが、中国も似たようなこと言ってます。中華人民共和国とは大日本帝国の後継者ではないのか? 少なくとも大日本帝国のお陰で共産党軍が勝利した。

*また脱線した。すいません。アホやねん

*宋氏形意拳を学習したけど、全く撃てない。でも、浮いてはいけない、ということだけは解りました。なにしろ、先輩がフワフワと浮いていましたから。あれが反面教師だ。でも、浮かない方法は、全く思いつかない。

*それは心意六合拳で解決しました。心意六合拳の鶏撲食や鷹抓把や鶏行歩です。その伸びない後ろ足です。

*伸びない後ろ足は、体重移動しません。前足が着地しても、前へ突っ込みません。

*その要領は、鶏行歩などの大きい鶏歩にありました。後ろ足が大きい鶏歩を造ります。この大きい鶏歩、実際にはありません。幻の大きい鶏歩です。

*後ろ足が前足を送り出した時、前足はまだ着地していません。前足が着地した時、後ろ足は浮いています。だから、幻の大きい鶏歩です。そして、全体を見るとフワフワと浮いていません。上下動していません。

*この幻の大きい鶏歩は、伸びない後ろ足でできています。伸びない後ろ足の動力は、その下腿三頭筋の伸張性収縮なのです。

*それは、ヒトの蹠行性(せきこうせい) ではできません。指行性で可能となります。ニワトリの、虎の指行性です。

*後ろ足は伸びないので、弓歩には成りません。大きい鶏歩となります。それを支えるのは、足指と趾球です。足指と趾球を支える筋肉は、下腿三頭筋です。それの伸張性収縮です。

*スポーツ・ジムの下腿三頭筋トレが役に立たないのは、短縮性収縮だからです。(ちくわさんが指摘していました。フジマツも賛成です。) 

*伸びない足の伸張性収縮なんですが、不幸なことにほとんどの人は地面を蹴ってしまいます。そのために、この伸びない足の伸張性収縮に気付きません。

*心意六合拳の弓歩も、地面を蹴ってはいけません。これはNさんがきれいに見せてくれます。Nさんの得意技=弓歩の虎抱頭です。Nさんが唯一使える技です。もしそれを外されたら、たいへんなことになりますが、とりあえず幸か不幸か一個だけは使えます。 アーメン・・・

*つまり、弓歩の虎抱頭も、伸びない足の伸張性収縮ということです。でも弓歩ですから、伸びているように見えます。でもそれは地面を蹴っていません。ただ、結果として弓歩に成るだけです。

*鶏歩の場合、見た目も伸びていません。しかしそれでも、下腿三頭筋は伸張性収縮します。それが下下勁力の正体です。

*さらに不思議な技があります。それが鶏歩の虎抱頭です。「虎抱頭には鶏歩もあるの? 」とシロクマさんが言ってましたが、この技だけはシロクマさんに伝えてはいけません。

*この技は、シロクマさんのような巨漢に対抗するフジマツの最後の武器なのです。もしもこの技を取り上げられてしまったら、フジマツはシロクマさんに殺されてしまいます。嗚呼、恐ろしや~~

*またこの技をシロクマさんが使ったら、相手は一発で天国へ逝ってしまいます。(地獄かもしれないけど) 世界の平和と秩序のために、シロクマさんに伝えてはいけません。そのように神様のご宣託がありました。幸福の科学の千眼美子様が言ってました。(ウソです) 

*だから拝師制度があるのです。拝師とは、弟子が師匠を殺さないようにという戒めの誓いなのです。(カネ儲けに使う師匠もいるようですが) 

*それでも、裏切りは世の常でございます。人類の歴史は裏切りの歴史ともいえます。三国志演義も水滸伝も裏切りの物語です。最後は国家に裏切られ、百八つの星たちは散ってゆくのでございます。嗚呼無情 ! 神よ仏よキリスト様よ、不条理ではございませんか ! (ここでヨョと泣くフジマツ) 

*この鶏歩の虎抱頭を見ると、鶏歩がさらに縮んでいきます。縮む足の伸張性収縮、という構造です。伸びないどころか、縮むのです。思いっきり矛盾しています。

*これが下下勁力のチカラの要訣です。宋氏形意拳の六合歩も同様です。足が縮むことによって(足首が折れ曲がることによって) 、姿勢勁力は凝縮されます。合がさらに合します。そして勁力は倍増されます。

*体幹も、腕が脇腹から生えることによって合します。(龍身) さらに、脇腹から鼠蹊部へ向かって合します。(龍腰) そして内転筋へ向かって合します。どんどん集中していきます。姿勢勁力に開合の開はありません。合が合するだけです。もちろん爆発もありません。
[PR]
by tiger-hawk | 2017-03-14 08:49 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31