動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

合気上げと姿勢勁力は真逆

(昨日の体育館から)

*発射する瞬間の練習をしてみました。一番解りやすい心意六合拳の鶏歩でやりました。弓歩でもいいんですが、ごまかしが効きます。

*まず、鶏歩で後ろ足の足首に体重が降りている感覚を造ります。ここが解らないと、次に行けません。

*足首に体重が降りていると、足指が覚醒します。すると、下腿三頭筋が覚醒します。

*足首から足指へ、足指から下腿三頭筋へ、という感覚のリレーができあがります。なんか複雑な経路なんですけど。

*その状態から、前足を挙げます。これは、前足だけ挙げます。鶏歩は変化しません。後ろ足は変化しません。

*そこから、前足が前進するのですが、今回はその手前です。その手前で勁力が発射されます。

*普通は、手を挙げてしまうところですが、手は絶対に挙げてはいけません。勁力は直線的に出します。

*そして、鶏歩は全く変化しません。

*私、合気道も大東流合気柔術もやったことありません。しかし、過去も含めて会員には合気道や大東流の経験者がかなりいました。見学に来た人に、合気上げと同じだ、と言われたこともありました。平和台体育館で様々な流派の合気道をなんとなく観察しました。

*そこで、合気上げと同じかどうか、考えてみました。合気上げだと、自分の身体も浮き上がってしまいます。そこに違和感を感じました。

*結論としては、合気上げとは真逆だと解りました。今までは、合気上げに全く興味が無かったので、どうでもいいや、と考えていました。他の流派を考えてみても、あまり参考になりません。

*でも、世間一般では合気と勁力についての考察も盛んです。過去にはその方面の本もいろいろと出ています。合気と勁力は同じ、と主張する人たちもいます。

*で、考えてみました。これは、誤解を避けるためです。どちらが優れているか、という問題ではなく、全く違うものだということです。

*少なくとも、合気上げと姿勢勁力に共通点はありません。むしろ、真逆です。他の動的勁力については知りません。静的勁力では、合気上げは逆効果となります。

*合気道や大東流の経験者が、必ずしも姿勢勁力ではすぐに成功しません。なかなか成功しないこともありました。それは、共通点が存在しないことが原因の一つでした。真逆だという認識があれば、成功できます。

*虎鷹拳院では、他の流派も歓迎します。同時進行も歓迎します。で、心意六合拳には投げ技が少ないので、師匠は柔道を推薦していました。心意六合拳の師匠は体育大学で柔道専攻でした。

*私は合気道もいいかな、と考えていましたが、合気上げと姿勢勁力は合わないと考えるようになりました。運動線が真逆なんです。もちろん、合気道の人も歓迎しますけど。とりあえず、合気系武道と姿勢勁力は真逆ということです。

*心意六合拳の鶏歩から前足を挙げるけれども、身体は上がらないようにします。むしろ、足首は折れ曲がります。つまり、矛盾したことを実行します。すると、勁力が発射されます。

*この感覚が造れたら、前足を挙げなくてもそのままの状態で撃てるようになります。宋氏形意拳の六合歩も同様です。

*ただし、邪魔するものがあります。自分の肩の力です。肩の力を使ってしまうと、自滅します。もちろん、肩甲骨発勁をやっていると、三百年進歩しません。腕立て伏せと肩甲骨発勁は、ただちに止めましょう。

*心意六合拳と形意拳の龍身と龍腰は、そのことを教えてくれます。

*直接使うのは、前腕の筋肉です。すなわち、心意六合拳の鷹爪が必要となります。
[PR]
by tiger-hawk | 2017-03-30 08:12 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー