動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

合体動物の誕生

*姿勢勁力の根本は、下腿三頭筋の伸張性収縮です。でも、その原因は? 巧く説明できませんでした。

*しかし、心意六合拳と形意拳は動物武術です。そこには、動物の譬えがたくさんありました。素朴な生態論もありました。

*そこで、病気した後、動物の本を読み始めました。化石人類学の本も読みました。現人類以前のことも知るべきと考えました。そして、動物の立ち方・歩き方に気付きました。

*もっと早く気付くべきでしたが、なにせアホなのでおそ過ぎました。

*とりあえず、下腿三頭筋の伸張性収縮の原因が解りました。それは、ヒトの蹠行性から指行性への変態です。

*指行性は、足指と趾球で立って歩くことです。ネコ科、イヌ科、恐竜=鳥類、などの立ち方・歩き方です。ネコ科とイヌ科は肉球を発達させました。

*そこに、ニワトリの一本足指行性が加わります。すなわち、心意六合拳の鶏歩と鶏行歩です。

*漢族の形意拳は回族の心意六合拳から派生したので、やはり、ニワトリの一本足指行性が元になっています。

*しかし、ヒトの骨格は蹠行性なので指行性に成るためには、特殊な条件が必要になります。それが、折れ曲がる足首です。

*折れ曲がる足首には、ある条件が必要となります。それが、折れ曲がる鼠蹊部です。

*折れ曲がる鼠蹊部には、ある条件が必要となります。それが、尻を収める=提肛です。

*提肛にはある条件が必要となります。それが、腹横筋の覚醒です。

*心意六合拳の鶏歩と宋氏形意拳の六合歩は指行性なのですが、撃つ瞬間はさらに足指の役割が重要となります。

*つまり、撃つ瞬間にはさらに足首が折れ曲がります。

*そのためには、体幹の条件が必要となります。分散している体幹をまとめる必要があります。

*それが心意六合拳と形意拳の、龍腰と龍身です。

*龍腰とは、脇腹の前鋸筋から鼠蹊部へ向かって絞り込むことです。切り込むとも称します。それが鼠蹊部でクロスして内転筋まで達します。これで体幹が一つになります。

*龍身とは、脇腹の前鋸筋から腕を生やすことです。つまり、腕を肩から生やさないことです。だから肩の力を抜きます。(腕立て伏せは人間のやることです。鉄牛耕地は動物のやることです。)

*龍は古代ワニの化石から想像されたという、ワニ学者の説があります。すると、龍は爬虫類です。爬虫類は、脇腹から腕=前肢を生やします。

*足は、ニワトリと虎の混合、体幹は龍=爬虫類、前腕は鷹爪、という化け物ができあがります。このモンスターが動物武術=心意六合拳と形意拳の実像となります。

*もはやヒトではありません。それは合体動物というモンスターです。

(註) 指行性というと、アフリカのマラソン選手が有名ですが、ランニングはジャンプ運動なので、参考にはなりません。ウォーキングは蹠行性ですが、やはり大腿直筋のジャンプ運動です。地面を蹴る運動はジャンプ運動です。というわけで、ランニングもウォーキングも参考になりません。鶏行歩は地面を蹴らずに、足首が折れ曲がります。だから、鶏行歩は地に呪われています。
[PR]
by tiger-hawk | 2017-04-01 08:03 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー