動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

無抵抗による鶏行歩

(昨日の体育館から)

*心意六合拳の鶏行歩は、地面を蹴ってはいけません。

*しかし、これはおかしいです。地面を蹴らずに、どうやって前進するのでしょうか? フジマツは馬鹿ではないのか?

*馬鹿は否定できませんが、地面を蹴らずに前進することはできます。

*ここで、階段の下り運動を思い出しましょう。階段の下りでは、蹠行性(せきこうせい) のヒトが指行性の動物となります。

*それだけでなく、地面(床面) を蹴ることがありません。地面を蹴るとたいへん危険です。身体は浮き上がり、そのまま転落してしまいます。

*鶏行歩でも似たようなことが起こります。地面を蹴ると、身体は浮き上がってしまいます。だから、地面を蹴ることはありません。

*地面を蹴らずに、足首が折れ曲がります。これは、足指も足首も地面に対して無抵抗になることです。(だから足指は地面をつかみません。)

*そのままだと、前へ倒れてしまいます。しかし、後ろ足を前へ出します。しかも、高く足を挙げます。そのために、倒れることはありません。

*ところがヒトは本能的に地面を蹴ってしまいます。足首は抵抗してしまいます。そのために、足首は硬直したままです。足首の抵抗も小さなジャンブ運動なのです。

*すると、蹠行性のままです。足指は使えません。

*そこで本能に逆らって、地面に無抵抗になります。そのために、鼠蹊部と足首が折れ曲がります。

*なお、足首が折れ曲がる前に膝が折れ曲がると、膝に体重がかかります。すると膝を痛めます。

*必ず、先に足首が折れ曲がります。すると、膝に体重がかかりません。もちろん、鼠蹊部は折れ曲がっています。同時に尻が収まります。提肛です。

*膝は足首のついでに曲がります。あくまで、「ついでのおまけ」の存在です。

*姿勢勁力は、地面を蹴ることなく、足首が折れ曲がります。姿勢勁力はこの姿勢によって発生します。

*だから鶏行歩は無抵抗で前進するのです。そして、心意六合拳の鶏歩と弓歩は無抵抗で立ちます。宋氏形意拳の六合歩は無抵抗で立ちます。だから辛くなります。もしも地面を蹴るならば、楽になるのですが。

*がんばってはいけない、ということは無抵抗に成るということです。

*もちろん、体幹を倒してはいけません。体幹を倒すと、そのまま前へ倒れてしまいます。だから、相手に寄りかかってはいけません。相手に体重を浴びせてはいけません。自分の体重は、そのままの状態です。

*だから、体幹は腹直筋で立てます。背筋は腹直筋で維持します。その土台は腹横筋です。

*足首が折れ曲がると、そのままでは自分の体重を支えられません。そのために、ヒラメ筋が、下腿三頭筋が覚醒します。下腿三頭筋はとんでもない残業を強いられます。それが、筋肉としての姿勢勁力となります。

*ただ足首が折れ曲がると、つぶれてしまいます。前へ倒れてしまいます。そのために、足指が覚醒します。足指に体重がかかります。この体重を利用して前進します。

*地面を蹴ったり、ジャンプしたり、地面に抵抗したりすると体重は足指から消えてしまいます。

*無抵抗になる時、姿勢勁力は発生します。これはヒトの本能に逆らうことです。ですから姿勢勁力は不自然勁力となります。(沈墜勁などの動的勁力は自然勁力となります。)
[PR]
by tiger-hawk | 2017-04-09 08:42 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー