動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

積極的な無抵抗

*低い姿勢になる時、膝が先に折れ曲がると膝に体重がかかります。それを長期間やると、膝を痛めます。

*低い姿勢になる時、膝ではなく、足首が先に折れ曲がります。すると、膝に体重がかかりません。足首に体重がかかります。

*膝が先に折れ曲がると、ヒトの蹠行性(せきこうせい) となります。

*足首が先に折れ曲がると、動物の指行性となります。足指が覚醒します。

*これを筋肉からみると、どうなるでしょう。

*膝が先に折れ曲がると、大腿直筋が先に発動します。

*足首が先に折れ曲がると、ヒラメ筋から下腿三頭筋が先に発動します。

*蹠行性でも、もちろん下腿三頭筋も用います。指行性でも、もちろん大腿直筋も用います。

*その順序が大切、ということになります。必要な順序が姿勢勁力を発生させます。

*とにかく低い姿勢を取ればいい、とはなりません。とにかく低い姿勢に成ればいい、とはいきません。

*地面を蹴ってはいけません。地面を蹴ると、足首が折れ曲がりません。すると、大腿直筋が先に発動します。身体は浮き上がります。大腿直筋はジャンプ筋だからです。

*心意六合拳には、跳躍する技がたくさんあります。それでは矛盾しているようです。

*でも、観察してみると、跳躍した瞬間に撃っているわけではありません。着地した瞬間に撃っています。

*その着地は、足指と趾球で実行します。つまり、指行性です。

*足指と趾球で着地するのは、階段の下りと同じです。心意六合拳・鶏歩の後ろ足と同じです。

*心意六合拳と形意拳が動物武術なのが幸いしました。そこから、蹠行性と指行性の分析に繋がりました。

*地面を蹴ってはいけない・・・これで以前のアホのフジマツは完結していました。問題ありません。

*では、どうするのだ? という問題が残ります。ところが、フジマツとしては問題ありませんでした。それで撃ててしまっていたからです。

*なにもしなければいいのです。これで終わりです。

*ところが、普通の人はそれでは納得できません。

*なにかしたいのが人間の業なのです。

*そこで、困ったフジマツは、折れ曲がる足首、というテーゼを創作しました。

*さあ、これで解決です。

*ところが、足首を意図的に折り曲げる人が出現します。足首ががんばってしまうのです。

*そこで、無抵抗主義、というテーゼに辿り着きました。

*結局、なにもしない、ということですけど、無抵抗主義が最後の結論です。そんなに代わり映えしないのですけど。申し訳ありません。

*これが、心意六合拳の鶏歩・弓歩、宋氏形意拳の六合歩、そして心意六合拳の鶏行歩の結論となりました。

*そもそも姿勢勁力ですから、静的勁力ですから、やることが無いのです。最後にやることは、前腕の筋肉を用いることです。すなわち、心意六合拳の鷹爪です。

*怠け者のフジマツとしては都合がいい。ところが、普通の日本人はフジマツと違って勤勉です。どうしてもなにかやりたいのです。

*そこで、無抵抗を積極的にやる、ことにしました。

*もう、なにも出てきません。ノー・アイディアです。真面目な日本人には、残念な結果となりました。不真面目なフジマツとしては、当然の結果です。

*これで、振り出しに戻る、です。武術ケームは振り出しです。メビウスの輪です。アハハ

*日頃なにをやっているのか? と質問されました。日頃は、心意六合拳の鶏歩と弓歩、宋氏形意拳の六合歩で立つこと、そして鉄牛耕地です。

*さらに、心意六合拳・単把の感触を確かめます。単把はやらないとズレてくるので、修正します。鶏行歩も確かめます。

*それから体育館では、みんなの来る前に十大形套路のいくつかを練習します。どんなことも、やらないと錆び付いてきます。歪んできます。

しかし、みんなはそれだけでは駄目です。技の習得のためには、徹底的な反復練習をします。例えば、30分以上一つの技を練習します。

*宋氏形意拳を習ってからは、30分以上、六合歩の定歩で五行拳を撃ち続けました。帰国してから毎日やりました。

*心意六合拳では、一つの技で体育館や公園の道を往復します。それを30分以上続けます。でも、がむしゃらな練習は駄目です。自分で確かめながらやります。とにかく勇ましくやろう、という人は成功しません。自分で考えない人は成功しません。でも、考えて違う方向へ行ってしまう人が多いようです。
[PR]
by tiger-hawk | 2017-04-10 08:10 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー