動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

肩と胸に替わるもの

*心意六合拳と宋氏形意拳は前腕打撃なんですが、実際には肩の力と上腕の力を使ってしまいます。

*腕を脇腹の前鋸筋に直結するのが、龍身の原則です。でも、なかなか直結しません。

*肩と上腕を使ってしまうのはヒトの本能的習慣です。それは何処から来ているのか?

*それはヒトの直立二足歩行から来ています。これは厄介です。腕は体幹から切り離されて、肩と直結したのがヒトの直立二足歩行です。

*そのために肩を使ってしまう人がほとんどです。

*これを私は宋氏形意拳の崩拳で克服しました。心意六合拳の単把で克服しました。

*構えた瞬間に力を抜いてしまいます。

*しかし、肩に替わるものを用意しなければなりません。

*肩に替わるものとは何か?

*それは腹です。

*でも、ただの腹では使い物になりません。

*それが、せり上がる体幹です。これを私は心意六合拳の鉄牛耕地で獲得しました。それを宋氏形意拳・熊の基本功1号と2号に組み込みました。

*せり上がる体幹は、前鋸筋を覚醒させます。これで前鋸筋と腕が繋がります。

*横隔膜の辺りが前へ出ますが、それだけでは駄目です。間違いです。せり上がる体幹は、下腹部からせり上がります。

*下腹部が少し凹みます。腹横筋を左右横へ引っ張ります。腹直筋がせり上がります。

*するとキジムナーさんが、整体でも使っているとのことです。まさか、武術で使うとは思わなかったそうです。

*キジムナーさんによれば、会陰から始まるとのこと。いわれてみればその通りです。そして、肛門が少し締まります。

*股関節が丸く収まります。つまり、これはいわゆる提肛が前提となっています。しかし、提肛だけでは駄目です。

*でも会陰は誤解されやすい。そこで、下腹部から始まるとしたほうが良いでしょう。

*下腹部とは膀胱の辺りです。ここが少し凹みます。キジムナーさんによれば、溝ができる感じです。この溝にあせもができるそうです。

*アホのフジマツは腹が出ているのですが、あせもはできません。都合良くできています。アハハ

*この体幹のせり上がりは、歩いていても使います。すると楽に歩けます。ラクチンな体幹となります。

*立っている時も、座っている時も、せり上がる体幹です。

*特に座っている時は、それだけで提肛ができています。だから、せり上がる体幹が簡単にできます。

*もちろん、せり上がる体幹は、胸の替わりにもなります。大胸筋に替わるものです。

*宋氏形意拳・龍形基本功でも使っていました。気付かずに使っていました。申し訳ありません。
[PR]
by tiger-hawk | 2017-04-30 08:16 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31