動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

手指と足指の動物武術

*姿勢勁力で直接使う筋肉は、腕の先端の前腕筋と、足の先端の下腿三頭筋です。そして、どちらも伸張性収縮です。

*これは自分が四足歩行動物になったと想像すると、簡単に解ります。前肢の筋肉=前腕筋、後肢の筋肉=下腿三頭筋、となります。

*心意六合拳と宋氏形意拳は動物武術なので、当然の結果です。

*さらに体重を集中するために、ニワトリの指行性一本足に学びます。それが、心意六合拳の鶏歩、宋氏形意拳の六合歩、となります。

*特に、心意六合拳の鶏歩が下腿三頭筋にダイレクトに効きます。また、フットワークに優れています。

*前のめりに歩く、または走ると、打撃力が生まれません。だから、体重移動しないように歩きます。

*そのために、地面を蹴りません。そのために、足首が折れ曲がります。すると、足指が覚醒します。(普通の日本人の足指は退化しています。) 

*そのために、鼠蹊部が折れ曲がります。

*その姿勢の中から勁力が生まれます。

*前腕筋の場合、体重が使えません。そのために、指を前腕筋で操作します。それが心意六合拳の鷹爪です。拳も掌も鷹爪で造ります。

*しかし、それだけでは刺激が足りません。

*そのために鉄牛耕地します。鉄牛耕地では、前腕筋と腹筋で身体を支えます。

*しかし、腕立て伏せになってしまうと、肩と肘を使ってしまいます。すると、前腕筋に体重が届きません。

*したがって、腕立て伏せにならないように、細心の注意が必要です。

*肩と肘を使わずに、前腕筋に体重を届けます。すると、前腕筋を鍛えることができます。

*心意六合拳のディフェンスはオフェンスと一体化していることが望ましい。それが、サルの猴縮身、トラの虎抱頭となります。

*しかし、相手が自分よりはるかに速い場合、それだけでは対処できなくなります。

*その時には、ヘビの蛇撥草を用います。それも、前腕筋と体幹を用います。

*体幹の龍身・龍腰で前腕を操作します。体幹が動くから、前腕筋が動きます。

*手先、足先の器用さに頼っていると、打撃力が生まれません。打撃力だけに頼っていると、相手に遅れを取ってしまいます。

*心意六合拳の鶏行歩から高速鶏行歩を身につけます。すると、追撃ができるようになります。この追撃が心意六合拳の真骨頂です。

*追撃も前のめりになると、止まってしまいます。後が続きません。打撃力も消えてしまいます。

*日本人の歩行は常に前のめりなので、注意しなければなりません。日常歩行も鶏行歩に準じます。隠れ鶏行歩にしてしまいます。

*前のめりだと、前足の足指が使えません。足指の有効範囲を通り越してしまいます。すると、もはや撃つことができません。もちろん、押すこともできません。

*手指は心意六合拳の鷹爪で覚醒させます。足指は、立ち方と歩き方で覚醒させます。

*特に日本人は足指が死んでいるので深刻な問題です。ここは日常歩行から治してください。

*また、ネコやイヌの指行性、ニワトリの指行性一本足を参考にしてみましょう。
[PR]
by tiger-hawk | 2017-05-04 08:26 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31