動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

足指の死と生

*どうして心意六合拳の鶏歩で立たなければならないのか?

*それは、後ろ足の足首が折れ曲がるためです。

*どうして足首は折れ曲がらなければならないのか?

*それは、足首に体重を降ろすためです。

*どうして足首に体重を降ろさなければならないのか?

*それによって、浮かない身体、そして沈まない身体を造るためです。

*しかし、足首は関節なので、身体を支えることができません。

*そこで、筋肉としては下腿三頭筋が働きます。すると、下腿三頭筋が覚醒します。

*しかし、実際に地面と接触しているのは、足指と趾球です。

*さらに足首が折れ曲がると踵が少し上がり、足指が最重要となります。

*すると、足指が下腿三頭筋と共に身体を支えます。足指が覚醒します。

*現代日本人の足指は使われていません。日頃、足指に体重が乗ることはありません。これを、「足指の死」と称します。

*ホンダの研究者たちは、日本人は足指を使わずに歩く、ということを発見しました。その研究成果に基づいてアシモ君が生まれました。

*だから、アシモ君には足指がありません。アシモ君は膝と大腿直筋で歩きます。とても奇妙な歩き方ですが、あれが日本人の本当の姿です。

*やがてヒトとなる類人猿が立ち上がって歩き始めた時、大腿直筋を主動力としました。そのために、大腿骨を真っ直ぐにして、大腿直筋を大きく改造しました。

*それはチンパンジーのたまにある二足歩行を見ると想像できます。

*しかしその頃は、足指がまだ生きていました。それは樹上生活の名残です。

*現代でも、アフリカ大地溝帯のマラソン選手は、指行性ランニングします。

*ではいつから日本人は足指を失ったのか?

*カイロプラクターのちくわさんによれば、ワラジで歩く江戸時代人には足指があったそうです。とすると、明治維新以降か? 文明開化の足音と共に足指を失ったのか? 

*まるで、「明治維新という過ち」という本みたいです。アハッ あの本によれば、国家権力を奪った長州は戦争大好きで、それで日本が太平洋戦争で滅んだそうです。改憲を叫ぶアベ君も長州ですけど。江戸時代300年は平和で海外侵略も無かったそうです。そういえば、その前の豊臣秀吉は朝鮮侵略しましたね。戦争時代と平和時代が交互にやってくるのか。するとこれからは長州アベ君の戦争時代か?

*でも、足指を失ったのは、現代日本人の特徴です。それは、歩幅の小さい日本人の特徴から来ていると考えられます。幼児とお年寄りの歩き方は、とても似ています。それは共に歩幅が小さい。

*すると現代日本人はネオテニー(幼形成熟) なのか? そうかもしれません。カワイイ、が現代日本の文化ですから。ともかく、現代日本人は足指を使って歩きません。もう既に、足指の退化が始まっているそうです。

*この失った足指が、心意六合拳・鶏行歩の習得を邪魔します。それは、姿勢勁力の根本を揺るがします。

*宋氏形意拳の六合歩は、さらに折れ曲がった足首を要求します。そのために、六合歩の習得は鶏歩よりも難しくなります。

*私は、折れ曲がる足首のために、ドスコイ鶏歩を考案しました。鶏歩は龍腰を用いた半身が原則なのですが、半身を造ると身体が浮いてしまう傾向があります。そのために、最初はドスコイ鶏歩を練習します。

*ドスコイ鶏歩は、その名の通り相撲から連想しました。相撲の姿勢も、鼠蹊部の折れ曲がりと足首の折れ曲がりを要求します。蹲踞の姿勢を見ると、一目瞭然です。鼠蹊部と足首の折れ曲がりを表現すると、自分よりも重い人を楽に押せます。

*心意六合拳と宋氏形意拳は打撃が主要なので、一本足でさらに体重を集中します。それがニワトリの指行性一本足です。

*では、心意六合拳の鶏行歩ではどうなるのか? 鶏行歩では左右の足の交替があります。

*そのために、前足の足首が折れ曲がります。この時に、膝を先に折り曲げてはいけません。膝を折り曲げると、膝に体重が乗り膝を壊します。

*足首が全てにおいて優先します。

*現代日本人の退化した足指が、鶏行歩の習得を妨害します。足指を失ったために、身体は沈んでしまいます。しゃがんでしまいます。沈墜勁してしまいます。勁力は持続できません。

*現代日本人の足指の覚醒が、重要な課題となります。

*そのために、日頃から足指に体重を乗せて歩く練習をします。しかし、この時に地面に反発してはいけません。反発すると、足指が地面を蹴る結果となります。地面を蹴ることなく、地面を受け入れます。
[PR]
by tiger-hawk | 2017-05-06 08:01 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31