動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

鶏行歩のインチキ極意その一

*心意六合拳・鶏行歩のインチキ極意です。

*この極意は、世界で初めてアホのフジマツが明らかにしました。中国でも混乱したままです。

*まず、この鶏行歩は、沈墜勁&震脚を用いません。沈墜勁&震脚は、ヒトの本能的運動を拡大・強化したものです。そのほうが自然なので、主流となっているようです。

*姿勢勁力の鶏行歩は、そのような安易な道を選びませんでした。したがって、理解が難しいようです。

*それを分解してみようと考えます。

*その前にここで、結論を提示しておきます。

<膝より先に足首が折れ曲がる>

*これを筋肉で表現すると・・・

<大腿直筋より先に下腿三頭筋が起動する>

*これは同じことを表しています。視点が変わるだけです。

*膝は大腿直筋と直結しています。足首は下腿三頭筋と直結しています。膝と大腿直筋はワンセットです。足首と下腿三頭筋はワンセットです。

*筋肉の名称を使うと、「中国ではそのように指導しているのか? 」と非難されたことがありました。

*中国を基準としていません。アホのフジマツの指導理論は、中国の先を行っています。より先進的なのです。中国の心意六合拳よりも整理され、進歩しているのです。

*鼠蹊部の折れ曲がり、とか、足首の折れ曲がり、とかの表現もフジマツスタイルです。寡聞にして、中国でそんな表現を見たことはありません。

ちょっと用事があるので、つづきはまた明日にします。
e0011605_721334.jpg

[PR]
by tiger-hawk | 2017-05-07 07:58 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー