動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

常識を捨てて意識を変える

(昨日の体育館から)

*「足首というけれど、膝が曲がるじゃないのよ。膝はどうするのよ ! 」・・・オバチャンB

*いえ、膝は足首のついでの存在です。足首が折れ曲がる"ついでに"曲がるだけなんです。膝なんか考える必要がありません。膝は無視します。

*オバチャンBを教えていると、普通の人の反応が見れて面白い。常識に捕われて、意識を変えることができません。

*常識が間違っているのです。

*例えば、相撲の解説者が、「腰が高いから負けた」なんて言います。この解説者、相撲の専門家なんですが、間違っています。

*腰を基準にしてはいけません。そもそも腰を使ってはいけないからです。腰を使うと体幹が分裂してしまいます。すると、体幹の力が消えてしまいます。

*腰を低くしても、沈んだ状態だと足指が死んでしまいます。つまり、蹠行性(せきこうせい) になってしまいます。

*死んだ足指は、足の力を出せません。下腿三頭筋も死んでいますから。

*腰の高低は無関係なんです。足首が折れ曲がっていること、鼠蹊部が切り込まれていること、の二つが大切なんです。

*膝を折り曲げてはいけません。足首のついでに曲がる分はいいのですけど。

*膝を折り曲げるから、膝に体重が掛かります。そのために膝を痛めます。

*足腰で撃つ、なんて世間では言います。これも間違っています。足で撃つ、はいいのですが、腰で撃ってはいけません。足と体幹で撃ちます。

*尻を含めて体幹です。体幹は一つにします。

*身体が浮いていれば、簡単に吹っ飛ばされます。

*しかし、身体が沈んでいれば、やはり簡単につぶされてしまいます。身体が沈んでいると、足指が死んでいるからです。だから、低い姿勢だから正解とはなりません。

*心意六合拳の鶏歩は、足首とヒラメ筋(下腿三頭筋の下部) が痛くなるようにします。もしも膝が痛くなったら、その鶏歩は間違っています。宋氏形意拳の六合歩も同様です。

*武式太極拳(喬式太極拳) は高い姿勢ですが、問題はありません。身体が浮いていないかどうか、身体が沈んでいないかどうか、が問題なのです。

*太極拳は低い姿勢になると評価されるようですが、低い姿勢で足指が死んでいれば、全く無意味です。太極拳者は、そのことに無知です。無知は勁力を殺します。

*馬歩でもいいのですが、足指が死んでいれば駄目です。鼠蹊部が切り込まれていること、足首が折れ曲がっていること、が大切です。

*アホのフジマツは社会的評価ゼロで、好感度最悪ですので、何を言っても無駄ですけど。でも今更、好感度を上げようとは全く想いません。ウフフ

*必要なことは常識を捨てることです。意識を変えます。すると、やがて身体も変化します。時間はかかりますけど。

*体幹の統一を私に教えてくれたのが、宋氏形意拳・熊の基本功1号でした。もちろん、先生ではありません。熊の1号が直接語りかけてきました。私にはその声が聞こえたのです。

*しかし、普通の人には聞こえないようです。そこで、虎鷹拳院で教えています。
[PR]
by tiger-hawk | 2017-05-23 08:06 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31