動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

ヒトの本能との闘い

*こんにちわ、社会的信用度ゼロ、集客力ゼロのアホのフジマツです。これからも状況は変わらないでしょう。結果、虎鷹拳院は変人しか来ません。ウフフ あっきれいなオネーサン、帰らないでくださーい !

(光が丘公園にて)

*手の動きに惑わされていた。手は無くてもいいんだな。・・・と、オジサンXがつぶやいていました。

*そうなんです。宋氏形意拳・熊の基本功0号も1号も2号も、手の動きは本質的には要らないのです。

*しかし、それだと体幹の動きを制御できません。そのために手の動きがあります。しかし、手の動きがあると、手に力を入れてしまいます。その時の力は邪魔なんです。邪魔なんですけど、みんな力を入れてしまいます。

*結果、肩が暴走します。すると、身体の外側のラインで動いてしまいます。

*手の動きは体幹を導くためのもの・・・そのことはアホのセンセーが以前から指摘していたではありませんか? といつもはフジマツをからかうシロクマさんがフォローしていました。

*熊の1号だと肩が暴走してしまい、拳に力を入れてしまうので、熊の0号を作りました。なるべく、手の動きを減らしました。

*昔は絶望しました。この人たちに熊の1号を教えても無駄ではないのか? と絶望しました。でも中国人だってたくさんの人が失敗している、と思い直しました。

*今は、手に力を入れてしまうのは、肩が暴走するのは、ヒトの性(さが) ・業だと理解しています。

*つまり、人間の本能的反射です。だから、直立二足歩行で独立した腕の本能です。

*私の場合はどうして本能を克服できたのか? それは変態だからです。

*宋氏形意拳の崩拳をフニャフニャに改造しました。肩がフニャフニャです。小学生も倒せない崩拳です。それをひたすら撃ち続けました。普通の人はこんなこと、考えません。

*撃てない崩拳を練習するなんて無意味です。その無意味なことを続けました。それが勁力に繋がると直感していました。

*心意六合拳もそんな調子でした。ですから、師匠に罵倒されました。「お前のは武術なんかじゃない」と罵倒されました。

*それでも改めませんでした。勁力が無いのだから、力を入れても無意味だと理解していました。

*そしてやがて、本物の心意六合拳・熊吊膀(ゆうちょうぼう) を手に入れました。

*しかし、心意六合拳の一般的イメージがあります。心意六合拳は力強く表現すべき、との固定観念です。

*実は表現方法はどちらでもいいんです。力強く表現してもいいし、力弱く表現してもいい。中身に勁力があればいいのです。力強く表現するのは、相手を威嚇するためです。私は性格が悪いので、力弱く表現します。相手を騙すためです。

*しかしシロクマさんによれば、私の熊の1号は力強く見えるそうです。力が入っているように見えるそうです。それは勁力があるから、誤解されるそうです。実は力を使っているのは、脇腹の前鋸筋なんですけど。ほんの少しですけど。これも前鋸筋なんて名称を使うから、誤解されてしまいます。

*力を入れているように見えることには困りましたが、力を入れてはいけません。見た目に騙されてはいけません。(私の外見は社会的信用度ゼロなんですけど。)

*かといって気でもありません。気を唱えるのは詐欺師です。詐欺師には気を付けましょう。オカネと時間を盗まれてしまいます。

*つまり、指行性の姿勢勁力は、人間の本能との闘いです。

*この本能は誰にでもあります。自分にもあります。自分の本能との闘いです。

*つまり、生まれ持った運動回路を組み替える作業が待ってます。これはかなり意識集中する必要があります。普段はボーとしているアホのフジマツですが、熊の1号と2号の解析はきちんとやりました。

*本能との闘いですから、意識のコストがかかります。かなりかかります。それが欠点といわれれば欠点です。意識コストの点で最悪です。

*地面を蹴るのも人間の本能です。大腿直筋で地面を蹴って歩きます。その本能と闘うのが、心意六合拳の鶏行歩です。だから、ニワトリの指行性一本足に学んだのです。もはやヒトではありません。だから動物武術です。

*体幹の勁力も、足の勁力も、ヒトの本能との闘い、ということになります。

@ 6月4日、天安門事件から28年だそうです。あの日、私は山西省太谷県にいました。宋光華先生への拝師の儀式に参加していました。テレビは一切北京の情報を流していませんでした。山西省へ来る前、上海は革命前夜のようでした。私は凄まじい弾圧が来ることを予感していました。
[PR]
by tiger-hawk | 2017-06-05 08:03 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31