動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

勁力の入り口と出口

*地面を蹴るのは、ヒトの本能だとしても、あきらめたわけではありません。成功例もあります。というか、誰でもできます。アホのフジマツでもできました。

*地面を蹴ると、身体は浮いてしまいます。心意六合拳と宋氏形意拳は、浮かない身体・沈まない身体を目指しています。

*心意六合拳・鶏行歩の失敗の原因は、地面を蹴ってしまうことです。これは本能なので、本人の自覚がありません。無意識に地面を蹴ります。

*では歩かない心意六合拳・鶏歩ではどうなのか? 同様に宋氏形意拳・六合歩ではどうなのか?

*やはり、地面を蹴る人が多いようです。地面を蹴ると、後ろ足の踵が少し上がります。そして、下腿三頭筋が過緊張します。結果、重心が上がります。簡単に吹っ飛ばされてしまいます。

*これが浮いた身体です。いいかえると、ヒトは常に浮いている状態だということです。(それが直立二足歩行です。)

*人間武術は、浮いた状態を前提条件としています。それが自然状態なのだから当然です。そこから来る結論は、沈墜勁や震脚です。浮いた身体は沈めばいいわけです。

*しかし、浮かない身体を信条としている動物武術としては、不自然状態を目指しています。だからあまり納得していません。

*合気と発勁は同じ、という風潮があります。しかし、合気道の練習を見ていると、技を掛けられる人は浮いています。浮いた身体が前提条件です。ですから、もしも身体が浮いていなかったら、全ては崩壊します。

*化勁・推手を金科玉条としている武術者がたくさんいます。しかし、それも浮いている身体が前提条件です。もしも相手の身体が浮いていなかったら、そのまま突破されてしまいます。だから、化勁・推手も無意味となります。

*だから、虎鷹拳院では化勁・推手の練習はしません。それよりも浮かない身体を目指します。根本的解決を目指します。

*そうはいっても、体格差・体重差は残ります。大きい人には素の体重で押されてしまいます。そこで、瞬間的に立場を入れ替えます。それが心意六合拳の吊歩です。

*心意六合拳の鶏歩、宋氏形意拳の六合歩、では地面を蹴ってはいけません。ではどうすれば良いのでしょうか?

*そのためには、下腿三頭筋の過緊張を解きます。大腿直筋の過緊張も解きます。身体をゆるめてしまいます。

*鶏歩も六合歩もバランスが悪いのですが、それを筋肉の緊張で整えてはいけません。筋肉をゆるめてしまいます。

*すると素の体重が顔を出します。この体重を利用します。普段は、体重を支えるそれ以上の筋力を無意識に使っています。これが身体の浮く原因です。

*この原因を取り除きます。すると、足首に体重が降りてきます。

*足首に降りて来た体重が素の体重です。この素の体重を下腿三頭筋が支えます。最初から下腿三頭筋が緊張していると失敗します。

*勁力は何処から来るのでしょうか? 勁力は天から来るのではありません。ですから、天に祈っても無駄です。

*勁力は地から来ます。それを受け止めるのは足首です。それを支えるのは下腿三頭筋です。

*すなわち、下腿三頭筋が勁力の入り口となります。先っぽは足指です。

*では、勁力の出口は何処でしょうか?

*それが前腕の筋肉です。それが心意六合拳の鷹爪です。先っぽは手指です。

*出口が弱いと、勁力は上手く出てくれません。出口で滞ってしまいます。だから、出口もしっかり造ります。
[PR]
by tiger-hawk | 2017-06-08 08:34 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31