動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

武術・格闘技の常識に反します

*こんにちわ、反常識の動物武術者=アホのフジマツです。

*指行性のランニングは、地面を蹴って進みます。地面を蹴るので、身体は浮きます。すなわち、ランニングはジャンプ運動ということです。ジャンプ運動とは大腿直筋を主要な筋肉とします。筋トレだとバーベル担いでスクワットです。

*心意六合拳の指行性鶏行歩は、地面を蹴ってはいけません。地面を蹴ると、身体は浮きます。身体が浮くと、姿勢勁力は死にます。

*しかし、ヒトは地面を蹴って進みます。だから、ウォーキングも地面を蹴ります。それは蹠行性(せきこうせい) ですが、やはりジャンプ運動です。ジャンプ運動ですから、大腿直筋を主要な筋肉とします。

*では、下腿三頭筋はなにをしているのでしょうか? 下腿三頭筋は抗重力筋として、地味に身体を支えています。

*この下腿三頭筋に、もっと重要な役割を与えます。それが指行性勁力です。

*しかし、それは大腿直筋と下腿三頭筋の分担がひっくり返ることではありません。

*心意六合拳の鶏歩で、弓歩で、宋氏形意拳の六合歩で、低い姿勢になるのはなんのためでしょうか?

*それは、下腿三頭筋に体重を支えてもらうためです。ところが、下腿三頭筋が地面を蹴ってしまうと、元の木阿弥です。やはり、身体が浮いてしまいます。

*どうやら、八卦掌という武術は下腿三頭筋が地面を蹴って進むようです。これは、心意六合拳と宋氏形意拳の目的とする方法ではありません。どちらが正しいという問題ではなく、方法論が異なっています。

*では、心意六合拳と宋氏形意拳の推進力とはなんでしょうか? 地面を蹴ることは推進力として放棄しました。

*その推進力は、自分の体重です。だから、階段の下り運動に似ています。階段の下り運動は指行性になります。

*しかし、これを平地でやるとなると、前足が邪魔になります。そこで、前足を高く挙げてやります。

*それが鶏歩からの第一動作です。

*どういうことかというと、軸足の後ろ足は全く変化しないで、前足だけ挙げます。

*しかし、ヒトは地面を蹴ることが本能となっています。そこで、軸足の後ろ足も高く挙げてしまいます。これが間違いの元です。

*鶏歩の後ろ足は全く変化することなく、前足だけ高く挙げます。これが、鶏歩から鶏行歩への第一動作となります。

*心意六合拳の基本技は全てそのような構造です。例えば、鶏撲食(けいぼくしょく)や熊吊膀(ゆうちょうぼう) などです。

*鶏行歩はいきなり左右の足が交替するので、通常の歩行になってしまう危険性があります。地面を蹴ってしまう危険性があります。そこで、鶏撲食などで練習することをおすすめします。

*ニワトリの指行性一本足は、地面を蹴ってしまうことを回避するために導入されました。

*しかし、ヒトの骨格は指行性ではなく、蹠行性です。そこでは、足指は眠っています。とりわけ現代日本人の足指は死んでいます。

*そこで、足指に体重を乗せてやります。しかも、足指は地面を蹴ってはいけません。

*その条件を満たすために、足首は折れ曲がります。それも、自分の体重で折れ曲がります。

*その時に必要なことは、力を抜くことです。力は必要ないばかりでなく、邪魔な存在となります。その力とは、地面を蹴る力だからです。

*力を使うと、足首は伸びて硬直してしまいます。それが、ヒトの直立二足歩行だからです。直立の本質です。すると、蹠行性のままです。

*心意六合拳と宋氏形意拳は、直立してはいけません。それは曲立を要求されます。曲立一本足歩行が要求されます。指行性での曲立一本足歩行です。まるで恐竜=鳥類みたいです。だから、鶏行歩ということです。

*鶏行歩は地面を蹴ってはいけないので、力を抜いてしまいます。すなわち、勢いを殺してしまいます。これが、ヒトの本能に反します。武術の常識に反します。格闘技の常識に反します。

*勢いを殺すとは、動作の繋がりを断ってしまうことです。その結果、一つの技は一つの技で終わります。次の技に繋げてはいけません。ここがたいへん重要となります。

*ところが、例えば鶏歩では後ろ足が軸足になっています。すると、連打連撃が容易となります。すなわち、潜在的に次の技と繋がっています。構造的に次の技に繋がっています。

*しかし、勢いがあると、次の技に繋がりません。見た目は繋がっていますが、もはや姿勢勁力は死んでいます。

*逆説的ですが、これが姿勢勁力の構造です。それは武術・格闘技の常識に反する行為となります。

*結果的に、相手の体重は軽く感じます。すると、前腕での打撃に専念できます。より大きな勁力となります。勢いを殺した結果、大きな勁力を手に入れます。おかしな話しです。にわかには信じられません。

*心意六合拳の技は二歩で構成されています。その二歩とは助走ではありません。助走してはいけません。その二歩は、足首に体重を降ろすために存在しているのです。勢いを殺すために存在しているのです。

*このことに無知な中国人心意六合拳家、中国人形意拳家もたくさんいます。無知だと身体は浮いていますから、沈むしか選択肢がありません。結果、沈墜勁や震脚しか使えません。それだと勁力は切れてしまいます。とても不幸なことですが、仕方ありません。

*なんのために、鶏歩で、弓歩で、六合歩で、じっと立っているのでしょうか? それは勢いを殺すために立っているのです。だから、力を抜いて足首に体重を降ろします。足首も力を抜いてしまいます。すると、足首は折れ曲がります。

[PR]
by tiger-hawk | 2017-06-11 08:28 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー