動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

ゴクイ「相手を足指で捉える」

*アホのフジマツは、どうして指行性の姿勢勁力を発見できたのか? 会員のシロクマさんには学習障害といわれています。ちくわさんにはアスペルガーといわれています。つまり、フジマツは頭がおかしい。自分でもおかしいと想う。アハハ


*私には武術の素質も格闘技の才能も完全に欠落していました。それが幸いしました。


*持って生まれたものが貧弱でした。頭も悪い。身体能力も低い。だから自分の才能に頼ることはできません。もちろん達人なんて無理っス。


*でもせっかく武術をやっているのだから、撃てるようになりたいと想いました。それだけのことです。


*それと中国の伝統思想はそんなに重要ではない、と解りました。まあ、ウソとはったりが多い。荘子なんて全編はったり。気とか馬鹿ではないのか? 気で打つなんて詐欺師です。あるいは言語障害です。気で発勁はできません。


*発勁には生きている肉体が必要です。血と肉と骨が必要です。そして、勁力運動が必要です。


*勁力運動には、外的勁力運動と内的運動があります。内的勁力運動は目に見えません。それは、足指から手指へ連なります。


*外的勁力運動は目に見えます。いわゆる、沈墜勁、震脚、十字勁、纏絲勁、開合、いろいろあります。


*どっちでもいいんですが、私は静かなほうが好きです。震脚にはうんざりしていました。なにより、勁力運動が一時停止してしまいます。それは沈墜勁などの外的勁力も同じです。


*姿勢勁力は地面からエネルギーをもらうので、勁力運動の一時停止はありません。しかし、現代日本人の足指は眠っているので、地面を感じ取れません。感覚端子が死んでいます。その結果、アシモ君という化け物が生まれました。


*足指はむしろ、地面を蹴ってしまいます。指行性のランニングも、地面を蹴ってしまいます。ウォーキングも地面を蹴ってしまいます。大切なパートナーの地面に暴力を加えてしまいます。地面へのDVです。


*DVはやめて、地面にはやさしく接しましょう。そして、上半身の力を抜きます。すると、体重は足首へ降りてきます。


*しかし、ヒトは直立二足歩行なので、足首は硬直したままです。そこで、足首をゆるめてしまいます。すると、体重は足指へ到達します。


*しかし、それだけでは体重を支えられないので、下腿三頭筋が覚醒します。それを心意六合拳の鶏歩、宋氏形意拳の六合歩で知りました。


*太極拳はゆっくり運動なので、かつては内的勁力が存在していたはずです。しかし、外的勁力を導入したために、内的勁力は失われてしまいました。


*今日では、知る限りでは、武式太極拳(僑式太極拳) に内的勁力が残されています。


*内的勁力には出口が必要です。それが心意六合拳の鷹爪です。すなわち、前腕の筋肉のことです。


*18日の武式太極拳ワークショップで、内的勁力に触れてみましょう。遊び感覚で練習します。


<今日のゴクイ>


*肩に力が入っている人、肩に力を入れてしまう人、は勁力が出ません。自ら勁力に蓋をしてしまいます。


*そんな人は、肩で相手を捉えているのです。そんなことは止めましょう。永遠に撃てません。


*ではどうすべきか?


*「相手を足指で捉えます」、自分の足指で捉えます。そして、撃ちます。ゴクイ「相手を足指で捉える」です。


*足指が覚醒すると、足指が目のような感覚器官になります。その足指の目で相手を捉えます。


[PR]
by tiger-hawk | 2017-06-17 08:46 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー