動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

動物の姿勢に学ぶ

*ヒトの直立姿勢では、足首が硬直しています。足首と踵が地面を蹴っているのです。そのままでは蹠行性となります。

*そこで、足首の力を抜いてしまいます。すると、足首は折れ曲がります。これを利用して歩きます。それが心意六合拳の鶏行歩です。

*その時の条件としては、足指が地面を蹴ってはいけません。ということは、足指の力を抜きます。だから、足指が地面をつかむなんてことはあってはいけません。

*下腿三頭筋も地面を蹴ってはいけません。ということは、下腿三頭筋も力を抜きます。

*肩・腰・膝も力を抜きます。肩で立ってはいけません。腰で立ってはいけません。膝で立ってはいけません。

*こうしてやっと体重が足首に降りてきます。その足首も力を抜きます。すると、足首は折れ曲がります。すると、足指が出現します。指行性に近くなります。するとやっと体重は下腿三頭筋に降りてきます。

*足指が地面を蹴ってはいけません。すると、下腿三頭筋が体重を支える結果となります。これはあくまで"結果"です。だから、下腿三頭筋に力を込めてはいけません。

*オバチャンBが、お医者さんに矯正された自分の直立姿勢の写真を見せてくれました。それは、ヒトとしての正しい姿勢です。なにしろ直立姿勢ですから。そんなものを見せられて、どう反応したらいいのでしょうか? アホのフジマツは困ってしまいました。アハハ

*動物武術は、ヒトとしての正しい姿勢なんか求めていません。虎(ネコ科)の指行性姿勢について学びます。さらにニワトリの指行性一本足について学びます。だから、鶏歩・鶏行歩と称します。

*はっきりいうと、ヒトの正しい直立姿勢なんてどうでもいいのです。そんなものはとっくの昔に捨ててしまいました。

*鼠蹊部を折り曲げます。するともう直立姿勢ではありません。さらに尻を収めます。いわゆる提肛です。すると腰の背中側のくびれが無くなります。背中のS字ラインが消えるのです。それはもうヒトとしての正しい姿勢ではありません。

*そして、膝で立ってはいけません。すると、表側の大腿直筋よりも裏側の下腿三頭筋を使います。もはやヒトの姿勢ではありません。

*上半身は直立させるのですが、下半身は指行性となります。その境目の鼠蹊部は折れ曲がるので、四足歩行動物に近くなります。

*動物武術としての心意六合拳と宋氏形意拳の求める姿勢は、ヒトの正しい姿勢ではなかったのです。

*ウォーキングはヒトとしての正しい歩行法です。動物武術者はもはやヒトではありませんから、ウォーキングなんかやらないのです。

*ヒトは直立するために、肩を怒らせて、腰を伸ばして、尻を出して、鼠蹊部を伸ばして、膝で立ちます。

*求めるものは、足指から手指に至る勁力です。それを膝・腰・肩が邪魔します。しかし、足指も足首も下腿三頭筋も邪魔をするのです。

*足指に足首に下腿三頭筋に、力を込めてしまうと、たちまち邪魔をしてきます。

*なにしろ動物武術者も元はヒトですから、ヒトとしての姿勢を否定すると、たいへん疲れます。しかしそれも、変態動物になるための試練です。姿勢勁力を獲得するための試練です。

*動物の姿勢に学ぶのが、動物武術の選択した運命なのです。

[PR]
by tiger-hawk | 2017-06-22 08:24 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー