動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

前足指のストッパー&後ろ足指の指行性勁力

*武式太極拳ワークショップから入会した人いるんですか? シロクマさんに聴かれた。もちろん一人もいません。まあ、ネームが違います。例えば、太◯拳とか意◯とか業界では有名どころと、こちらはインチキフジマツですから。

*でもなかなか楽しかったから、それでよし。入会する人は突然来てそのまま入会します。シロクマさんのように。つまり、変人です。フジマツが変態武術なので、虎鷹拳院に来る人はみんな変人です。オバチャンズだけは別ルートで間違って来ただけです。

*どうして肩が暴走するのだろう? どうして肩と尻が同調できないのだろう? どうして腰が暴走するのだろう? どうして足指が隠れたままなのだろう?

*とっても不思議でした。

*でも、肩が暴走するのは、直立二足歩行するヒトの本能的反射です。肩と尻が同調できないのも、直立二足歩行の結果です。四足歩行ではありませんから。腰が暴走するのも、直立二足歩行の結果です。

*足指が隠れたままなのは、現代日本人の足指が既に退化しているから、というわけです。これはちくわさんが指摘していました。つまりホンダのアシモ君です。あのモンスターが日本人の姿です。

*動物武術の心意六合拳と宋氏形意拳は、直立二足歩行を基準としていません。

*それは、ネコ科・イヌ科動物の指行性四足歩行と、ニワトリの指行性一本足を基準としています。それとの、蹠行性ヒトとの妥協の産物が、心意六合拳と宋氏形意拳なのです。

*だから、心意六合拳や宋氏形意拳や武式太極拳の技を学習したところで、全く役に立たないというわけです。技以前の問題が重要です。

*この認識が欠落していると、武式太極拳ワークショップもクソの役にも立ちません。

*それを端的に表現するのが心意六合拳の鶏行歩です。それは蹠行性のフリをした指行性です。

*鶏行歩には、二つの重要な要素があります。

*一つは前足指のストッパーです。

*一つは後ろ足指の指行性勁力です。

*この二つは、心意六合拳と宋氏形意拳と武式太極拳の全ての技に必要です。

*でもどれか一つといわれると、前足指のストッパーは、心意六合拳の単把で学ぶことができます。これは比較的簡単なので、おすすめです。

*後ろ足指の指行性勁力は、宋氏形意拳の崩拳で学ぶことができます。これも比較的簡単です。

*前足指のストッパーが無いと、身体が前方へ流れてしまいます。すると、せっかくの後ろ足指の指行性勁力も消えてしまいます。

*後ろ足指の指行性勁力は、足首が折れ曲がるところから始まります。足首が折れ曲がらないと、足指が出現しないからです。

*これが歩くと、前足の足首が折れ曲がります。それがすぐに後ろ足足首となります。左右の足が交替するので、そうなります。

*なお、足指は何かをしてはいけません。何もしなくていいんです。ここを誤解する人がたくさんいます。そして、地面をつかんだりします。足指は地面をつかんではいけません。もちろん、地面を蹴ってもいけません。なんにもしなくていいんです。

*というわけで、格闘技的武術や動作勁力の流派のみなさんには、全く参考にならないと思います。申し訳ありません。逃げろ~~ 

[PR]
by tiger-hawk | 2017-06-24 15:36 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー