動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

身体内部の勁力運動線

*しつこい後ろ足の中身とは何か? それは、指行性の一本足のことです。

*ところが、人間は蹠行性(せきこうせい) の骨格をしています。したがって、ニワトリ=鳥類のようにはいきません。指行性一本足で止まることはできません。

*しかし、それは問題ではありません。不安定な指行性一本足の距離を伸ばすことが大事です。その長い距離が勁力を発生させます。

*短い距離では駄目なのです。したがって、地面を蹴ってはいけません。地面を蹴ると、後ろ足はすぐに地面を離れてしまいます。

*この長い距離の訓練を継続することによって、勁力は養成されます。

*では、止まって撃つ場合はどうなるのか? いわゆる寸勁はどうなるのか?

*それも実は同じです。長い距離の訓練により、身体内部に長い勁力運動線が形成されます。その勁力運動線で撃つだけです。もちろん、身体内部の動きなので、外からは見えません。

*いいかえると、いわゆる寸勁の練習は全くの無駄なことです。寸勁の練習をしても、寸勁は撃てません。(肩甲骨発勁は例外ですが、あんなものは勁力とは認められません。愚かなことです。)

*長い距離の訓練を重ねることによって、寸勁の勁力も形成されます。全く同じ勁力ですから。

*長い距離の訓練なので、心意六合拳の単練法が最適です。どんな技でもいいのですが、鶏歩で終わる技が最適です。

*その技は二歩で構成されています。特にその二歩目です。その二歩目を長くします。前のめりにならず、地面を蹴ることなく、その足首は折れ曲がります。

*長い距離だと、最後は後ろ足が地面を離れてしまいます。だから、前足が着地して、後ろ足を引き付けます。後ろ足が稼いだ距離が勁力量となります。だから、後ろ足はもちろん、前足も静かに着地します。

*前足が震脚風だと、後ろ足が稼いだ距離=勁力は失われます。もちろん、震脚を目的とした場合は地面を蹴っていますから、勁力は発生していません。もちろん、外部勁力はあります。身体内部の勁力運動線が無いだけです。

*身体内部の勁力運動線があると、エネルギーは少なくて済みます。動作勁力は不要となりますから。

*この訓練には長い距離が必要となります。例えば、広い公園内の道を往復します。一つの技をしつこく繰り返します。

*力を込めると、身体外部の運動線となってしまいます。それは表の運動線です。欲しいものは、裏の運動線です。

*したがって、力を抜きます。特に、肩の力を抜きます。腰の力を抜きます。膝の力を抜きます。

*見た目の迫力は無くなりますが、そんなものはどうでもいいのです。見ている人には勁力が伝わりませんが、そんなものはどうでもいいのです。むしろ、見ている人にはわからないほうが、都合がいい。見ているだけの人に、教えてやる必要はありません。そんな義理もありません。

*全てのスポーツはショーですが、指行性の姿勢勁力はショーではありません。心意六合拳、宋氏形意拳、武式太極拳、はショーではありません。その勁力は、自分のためだけにあります。

@ 世持桜さんがやって来る ! 八重山民謡唄者の若き天才の桜さんです。夕涼みコンサート 入場無料

7月26日(水) 17時15分~18時 練馬区役所本庁舎1階アトリウム

(五代目ネーネーズの世持葵さんは世持桜さんの従姉妹だそうです。本人に聴いて確かめました。) 

[PR]
by tiger-hawk | 2017-07-06 08:40 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー