動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

大腿直筋型からの変態

*おじさんXは典型的な大腿直筋型人間なので、いろいろと問題が見えてきました。おじさんXにありがとう。


*教えていると、現代日本人は足指で立てないことがわかりました。足指といっても先端ではありません。足指の先端だと、山羊さんやバレリーナの蹄行性になってしまいます。


*足指の第一関節の部分です。特に、親指、人差し指、中指の三本です。ここで静かに立ちます。小指側のエッジではなく、親指側のエッジを使うので、小指はどうでもいいです。(一般の武術は小指側エッジを使うらしいので、小指は大切になるようです。)


*地面を蹴ってはいけないけれど、地面をつかんでもいけません。体重を利用して静かに立ちます。


*某天才武術家の足指は盛り上がっているそうです。オバチャンBに、「センセーの足指はどうして盛り上がっていないのよ ! おかしいじゃないの ! 」と非難されました。


*そんなこと言われても、フジマツは天才武術家ではありません。フジマツはインチキなんです。だから、足指が盛り上がることはありません。そんな必要はありません。地面をつかむ必要が無いからです。そんなことをしなくても、体重を利用すれば十分です。


*足指で地面をつかんでみたら、大腿直筋が緊張しました。どうやら某天才武術家も、大腿直筋型のようです。


*ヒトは前へ倒れながら歩きます。特に現代日本人が典型的です。これは、地面を蹴るからです。何処で地面を蹴るのか? 大腿直筋で地面を蹴ります。指行性ランニングもウォーキング(蹠行性です) も、大腿直筋で地面を蹴ります。だから身体が浮き上がります。


*心意六合拳の鶏歩と鶏行歩は、指行性で立ち歩きます。これは、足指の第一関節の部分で立つということです。正確には第一関節から先の部分です。


*そのために、鼠蹊部が折れ曲がります。足首が折れ曲がります。


*しかしこれは、人類の歴史に反します。ヒトに進化した類人猿は、大腿直筋で直立しました。そして、歩き始めました。


*だからこそ人間武術ではなく、動物武術となりました。心意六合拳のご先祖様はヒトではなく、ニワトリの指行性一本足に着目しました。


*どうしてそんなことを考えたのか? わかりませんが、お陰で指行性の姿勢勁力が出現しました。


*その優点は、エネルギー消費が少なくて済むことです。動作勁力よりもはるかに楽です。しかし欠点は、現代日本人の立ち方・歩き方に反することです。特に、格闘技的動作に反します。


*大腿直筋で立つと、止まれません。ユラユラと前後にゆれてしまいます。すると、姿勢勁力の出発点=足指が崩れてしまいます。もちろん、身体も浮いてしまいます。


*ほとんど全ての現代日本人は、前後にユラユラとゆれています。止まれません。だから、某天才武術家は地面をつかむのでしょう。でもそれだと、エネルギー消費量がたいへんなことになります。もっと便利でラクチンな解決法があります。自分の体重を利用して、足指で立つ方法です。これなら、ほとんど力が要りません。そして、相手に滑らかに勁力を伝えることができます。つまり、相手との対立点がありません。


*そして、足指から勁力を出します。だからこそ体重移動してはいけません。ユラユラゆれてはいけません。


*こうして、宋氏形意拳のフニャフニャ崩拳の「根拠地」が建造されます。姿勢勁力には根拠地が必要なんです。とても小さな根拠地です。


*それは後ろ足の足指なんですが、歩くと前足の足指になる場合もあります。


*武術には二つのスタイルがあります。それは内家拳と外家拳ではありません。北派と南派でもありません。大腿直筋型と下腿三頭筋型です。


*震脚を用いる八極拳や形意拳・心意六合拳は、大腿直筋型です。姿勢勁力の心意六合拳と宋氏形意拳は、下腿三頭筋型です。この両者は根本的に異なります。それは蹠行性のヒトと指行性の動物の違いともいえます。


*自分の場合、それほど強烈な大腿直筋型ではありませんでした。つまり、いい加減な踏み込みで歩いていました。なんかフワフワと歩いていました。それが幸いしたようです。


*格闘技は大腿直筋型のようです。格闘技や大腿直筋型武術から下腿三頭筋型武術へ変態することは、かなり困難らしいです。私の場合、いい加減で怠け者の性格が幸いしたようです。


*私は昔、八極拳を学習していました、1980年から85年にかけて。その後、宋氏形意拳と心意六合拳を学習して、八極拳と真逆のことをやれば姿勢勁力としては正解だろうと考えました。


*しかし、その当時は後ろ足勁力と称していました。これが混乱の元でした。普通の人にとって後ろ足とは、後ろ足の大腿直筋のことです。ところが私が意図した後ろ足とは、下腿三頭筋と大腿二頭筋の裏側筋肉のことです。これは、反省しなければなりません。


*下腿三頭筋型に変態するためには、心意六合拳の鶏歩と鶏行歩が欠かせません。その具体的方法は、鼠蹊部と足首が折れ曲がることです。特に足首は抵抗を放棄します。ここをがんばると成功しません。足首は小指側エッジではなく、親指側のエッジで折れ曲がります。


@ シロクマさんからスイカと麦茶いただきました。ありがとう。一人暮らしなので、スイカは何年前に食べたのか、思い出せない。・・・涙


@ 新宿東口紀伊国屋書店ビルの地下1Fに生パスタのおいしいすぱげってい屋さんがあります。ぺぺろんちーの600円から。地下道から上がったところのお店。ただし、狭いし、椅子もちっちゃいのでデブのフジマツは昼時行かない。隣のきれいなオネーサンから「臭い」と言われたらショックだし。お尻の大きいシロクマさんは果たして座れるのか? 試してみてください。アハハ  ギャラリー2や紀伊国屋書店のついでにたまあに行きます。 


[PR]
by tiger-hawk | 2017-07-10 08:23 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー