動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

捲地風=心意六合拳・鶏行歩

*こんにちわ、インチキのフジマツです。

*心意六合拳の鶏行歩には捲地風が含まれている。ただし、表現しないで隠されている。

*という、心意六合拳の師匠の言葉の意味を、昨日理解しました。(サンダーさんを教えていたのですが、捲地風が全くできないことを発見しました。それは鶏行歩ができないということです。捲地風=鶏行歩、という関係性があります。)

*いいかえると、鶏行歩ができないと捲地風という低い蹴りはできない、ということです。

*鶏行歩ができるとは、地面を蹴らずに足首が折れ曲がるということです。

*そして、前足の足指と趾球で立てる、ということです。すなわち、ニワトリの指行性一本足です。歩くと左右の足が交替します。その交替の絶対条件が前足の足指と趾球で立つ、ということです。ただ何も考えずに交替してはいけません。

*前足の足指と趾球で立つ、ということが困難な人がたくさんいます。身体が揺れてしまうのです。その結果、撃てません。蹴れません。

*どうして身体が揺れてしまうのでしょうか? 

*それは、身体が浮いてしまうからです。

*どうして身体が浮いてしまうのでしょうか?

*それは、太ももの大腿直筋で立つからです。これではかなり高い位置で立つことになり、足指と趾球で立てません。ふらふらしてしまいます。

*捲地風は後ろ足の趾球で蹴ります。蹴った瞬間は、前足が後ろ足になっています。

*その前提条件は、前足の足指と趾球で立てることです。これが絶対条件となります。

*これは捲地風のためだけではなく、心意六合拳の全ての技の前提条件・絶対条件となります。

*つまり、前足の足指と趾球で立てないということは、全ての技が撃てない、ということになります。

*心意六合拳の技は二歩で構成されています。最初の一歩で、前足の足指と趾球で立ちます。ここが揺れているともう終了です。もう何もできません。前足の足指と趾球で立ち、そこから、後ろ足は前足となり、撃ち込みます。

*すなわち、最初の一歩で、前足の足指と趾球に全体重を集中します。この全体重が勁力となります。(宋氏形意拳・六合歩の定歩では、後ろ足の足指と趾球に全体重が集中します。) 

*根本原因は、心意六合拳の鶏歩ができていない、ということです。

*サンダーさん、かなり重体ですが、ここは我慢して治療してください。ここで挫折して消えていった人もいます。

@ goさんからハムの詰め合わせをいただきました。ありがとうございます。何年も会っていないけど、たまには遊びに来てください。

[PR]
by tiger-hawk | 2017-07-14 08:39 | 心意六合*形意

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー