動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

空っぽにしてから中身を詰めます

*こんにちわ、インチキのフジマツです。

*指行性の姿勢勁力を指導するというのは、みんなの大腿直筋へ闘いを挑むということです。

*なにしろ、ランニングもウォーキングも大腿直筋で地面を蹴ります。どちらもジャンプ運動です。

*ジャンプすると身体が浮きます。浮いた身体は沈むしか選択肢がありません。すなわち、沈墜勁や震脚です。

*姿勢勁力は、身体が浮けばもう終了です。

*なぜなら姿勢勁力は、足首が折れ曲がり、足指が覚醒して、ヒラメ筋を始めとする下腿三頭筋を目覚めさせることから始まります。

*大腿直筋運動は、下腿三頭筋を無視します。そこでは下腿三頭筋はただの棒です。特に、日本のオジサンの下腿三頭筋は、硬い棒です。

*オジサンの大腿直筋はいきなり出発します。姿勢勁力の過程を無視します。

*私は、心意六合拳の師匠の後ろ足を観察して、「過程」に気付きました。

*アホのフジマツが気付いたのだから、みんなは簡単に気付くだろうと安易に考えていました。ところがそうではありませんでした。

*この過程は、以前、未完成弓歩と称していました。でも誤解を招くので、今は、鶏行歩における大きい鶏歩、と称しています。

*この過程は、武式太極拳(喬式太極拳) にもあります。その虚歩から弓歩へ至る過程です。もちろん、同じ形で大腿直筋運動をすることも可能です。それだったら、人は慣れ親しんだ大腿直筋運動へ流れるものです。そのために、中国のみんなもフワフワと浮いていました。

*そうなんです。同じ形なんです。過程が違うだけです。その過程に姿勢勁力があります。ですから、できあがった歩型も、その中身が違ってきます。中身は外からは見えません。

*いつもはボーとしているフジマツですが、その過程は見破りました。どうしてか? は解りません。

*フジマツは自分の才能の限界を理解していました。達人なんかにはなれません。でも、せめて撃てるようになりたかった。

*推手も一生懸命やりました。でも、推手では勁力は得られない。推手は心理学だと理解できました。

*それは師匠から引手法を教えてもらったからでした。それは、心意六合拳の簡単な心理学です。相手を誘導する方法です。

*心理学だけでは強い大きい相手に勝てません。自分と同じ体重の相手にも、勝つのは難しい。心理学は、切っ掛けです。

*切っ掛けは大切です。でも、そこからさらに進むためには、勁力の裏付けが必要となります。

*突破口は開いたけれど、そこから先に進む武器がありません。武器=勁力が無ければ、すぐに反撃されてしまいます。

*推手を一生続けるとは、切っ掛けだけを一生続けることです。勁力は一生得られません。

*私の姿勢勁力は宋氏形意拳から始まりました。自分の身体は歩くと浮いてしまいます。そこで歩くのをあきらめました。

*ひたすら、六合歩の定歩で五行拳を撃ちました。もちろん、勁力はありません。そして、大腿直筋運動もありません。体重移動も止めました。すなわち、なんにもありません。必然的に小学生も倒せないフニャフニャ崩拳ができあがりました。

*しかし、心意六合拳の鶏行歩で後ろ足の下腿三頭筋に気がつきました。

*私のなんにも無い宋氏形意拳の六合歩に、勁力の裏付けができました。それは、なんにも無い空っぽの状態だったから、幸いしたのです。

*もしも力強い大腿直筋運動が確立されていたら? それは困難な道でした。空っぽの自分だからできたのかもしれません。

*元々、才能も素質もありませんでした。達人なんかにはなれません。出発点も空っぽでした。人並みではありませんでした。人並みには届きません。そこからさらに空っぽになりました。

*今では、私の下腿三頭筋には中身が詰まっています。病気して駄目にしてしまいましたが、また中身を詰めました。

*みんなも力を抜いて、空っぽにして、そこから中身を詰めてみましょう。

[PR]
by tiger-hawk | 2017-07-15 08:16 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー