動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

心意六合拳のやわらかい弓歩を造る

*こんにちわ、インチキのフジマツです。

*このまま歴史の闇の中に消えていくのだなあ、と考えていたのですが、シロクマさんが足跡を残せ、と言います。それもそうだなあ、と想います。というわけで、ブツを作ります。ホントですよ~~

*姿勢勁力ができる人は、世界的に見たらたくさんいるでしょう。でも、言語化したのはアホのフジマツが最初です。というわけで、フジマツの責任もあります。

*姿勢勁力はどうしてなかなか成功しないのか? 私は比較的簡単に成功しましたが、みんなは難しいらしいです。

*その失敗の原因は何か? とても簡単なことです。それは、姿勢をしっかりと造るからです。ナンノコッチャ?

*当たり前過ぎて言わなかったのですが、心意六合拳の弓歩はやわらかく造ります。

*心意六合拳の鶏歩はやわらかく造ります。宋氏形意拳の六合歩(三体式) はやわらかく造ります。

*心意六合拳の鶏行歩はやわらかく歩きます。太ももはやわらかく使います。(震脚なんてとんでもありません。)

*姿勢勁力の姿勢はやわらかく造ります。ところがみんな、カッチリと造りたいようです。それが間違いの元です。

*心意六合拳の弓歩は、形成過程に勁力があります。途中が大事なんです。というわけで、後ろ足は伸びますが、伸ばし方が問題です。それは膝を伸ばすのではなく、足首が折れ曲がります。つまり、やわらかく足首を使います。

*地面を蹴らないのだから、やわらかく使う以外に方法がありません。

*世間一般の形意拳・三体式は、カッチリと造る傾向にあるようです。ですから、やわらかい六合歩(三体式) なんて想像できません。

*私はある日、それに気がついて、宋氏形意拳の起勢を趙栄昌先生スタイルにしてしまいました。あのフニャーと手を伸ばす起勢です。フニャ手の時、実は前足もフニャーと伸ばします。そして、後ろ足の足首はゆるんでいます。後ろ足の足首もフニャーなんです。

*世間一般の弓歩もカッチリと造るらしいです。鶏歩もカッチリと造る先生が多いようです。鶏歩もフニャ鶏歩にします。

*弓歩は様々な流派にありますけど、やわらかい弓歩は姿勢勁力の心意六合拳です。

*これを学習するには、どんな技でもいいんですが、フジマツのおすすめは心意六合拳の燕子点水(えんしてんすい) です。

*燕子点水は二つの動作で構成されています。最初はジャンプして鶏歩で着地します。もちろん、ジャンプに勁力はありません。着地の時に勁力が発生します。ですから、静かにやわらかく着地します。

*着地の時、勁力トライアングルを用います。もちろん、力の抜けた勁力トライアングルです。沈墜勁も震脚も用いません。

*二番目の動作は、弓歩になります。この時の弓歩では、鶏歩から弓歩になるので、後ろ足の踵は浮いています。それを静かに伸ばします。静かに伸ばすコツは、折れ曲がる足首なんです。踵を降ろすことではないのです。(結果的に踵は降りますけど。)

*そして、静かに伸びるのは下腿三頭筋なのです。

*すなわち、鶏歩では隠れていた下腿三頭筋の伸びる運動が、この弓歩では暴露されます。

*もちろん、こんなことは普通教えません。そのために、無知な心意六合拳先生もたくさんいることでしょう。

*私も教わったことはありません。しかし、撃つためにはそうせざるを得ませんでした。(私の目的は撃てるようになることです。体格も身体能力も頭脳も劣っている私は、達人なんかには成れません。せめて撃てるように成りたかったのです。) 

*燕子点水はなかなか素晴らしいので、映像に残すつもりです。

*そういえば、宋氏形意拳の趙栄昌先生は長尺の記録映像を残しました。45分位あったと記憶しています。死ぬまで発表しないと言ってました。私は一度だけ見たのですが、発表されたのかなあ? 

[PR]
by tiger-hawk | 2017-07-26 08:35 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31