動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

見えない内部運動

(昨日の体育館から)

「足の甲」

*心意六合拳の鶏歩を成功させるためには、大腿直筋で地面を蹴ってはいけません。でも、毎日、大腿直筋で地面を蹴って歩いています。そのために、鶏歩でも地面を蹴ってしまいます。自覚できません。

*で、自分が地面を蹴っているのかどうか? 検査方法があります。

*それは、足の甲が緊張しているかどうか? これで解ります。

*足の甲が緊張している時、足指は緊張しています。大腿直筋も緊張しています。足指は地面を蹴っています。大腿直筋は地面を蹴っています。足首も緊張しています。

*足の甲の緊張を解きます。ゆるめます。すると、足首は折れ曲がります。

*足の甲を検査基準に用います。宋氏形意拳の六合歩も同様です。もちろん、自分でやります。先生を頼ってはいけません。

*なお、足指で地面をつかむと、足の甲は緊張します。ですから、足指で地面をつかんではいけません。

「鶏歩・六合歩の内部勁力運動」

*心意六合拳・鶏歩には内部勁力運動があります。宋氏形意拳の六合歩には内部勁力運動があります。

*でも、全く見えません。見えないと存在していないみたいです。仕方ないので、外部運動を導入します。それが動作勁力の沈墜勁や震脚です。

*この内部勁力運動とは、足の裏側の筋肉を伸ばす運動です。主に下腿三頭筋と大腿二頭筋です。裏側の運動です。

*どうしてこの内部勁力運動が見えないのか?

*それは大腿直筋を用いてしまうからです。大腿直筋が緊張しています。どうも常に緊張しているようです。寝ている時間以外は、いつも緊張しているようです。大腿直筋をゆるめてあげましょう。大腿直筋は表側の運動です。

*もちろん、内部の勁力運動なので見えません。これが大きな問題です。この内部勁力運動は、心意六合拳の鶏行歩にもあります。ところが、表側の運動なのか? 裏側の運動なのか? これも見えません。

*武式太極拳では、これを見せます。虚歩から弓歩へ成る過程です。でも、これも難しい。表側の運動でも、似たようなものです。見分けられません。

*心意六合拳の弓歩にも、この内部勁力運動があります。でも、そんなこと言われても困ってしまいます。

*私は、心意六合拳の師匠の鷹抓把や鶏撲食を観察して、後ろ足裏側の運動に何となく気がついていました。

*これを確信に変えたのが、回族の陳先生の見せてくれた運動です。

*陳先生は、鶏歩から弓歩に成りました。鶏歩の後ろ足の踵を降ろしました。そして単把を撃ちました。「この勁で撃つ」と言いました。

*この動きは無くてもいいのですが、陳先生は私に解るように見せてくれたのです。そして、私は氷解しました。

*心意六合拳の師匠に見せたところ、一笑に付されました。実は陳先生、その時にウソ単把も見せてくれたのです。で、私はまんまと騙されました。

*故松田先生も騙されたウソ単把です。漫画「拳児」にあります。どうも、回族先生の定番のウソのようです。

*「フジマツ、お前はからかわれたんだよ」と師匠は言います。

*しかし、私は確信しました。この動きは、鶏歩の中に隠れている動きだと。とても小さい動きなので、見ても解りません。

*でも、鶏行歩なら大きい鶏歩なので、ちょっと見えます。(普通の人には見えません。変態の私には見えました。)

*鷹抓把や鶏撲食なら動きが大きいので、ちょっと見えます。(普通の人には見えません。変態の私には見えました。)

*そのコツは、大きい鶏歩から弓歩になります。その時に、後ろ足裏側の筋肉を伸ばすことです。そのために、足首が折れ曲がります。すると、ヒラメ筋から下腿三頭筋が覚醒します。

*一般的な筋トレでも下腿三頭筋を鍛えますが、「ヒラメ筋から」という部分が欠けているようです。スポーツ・ジムでの訓練も、「ヒラメ筋から」というところを加えると役に立つかもしれません。もしかして、あるかもしれませんが。

*陳先生はとても嫌味でひねくれ者だと、師匠から言われていました。嫌味でひねくれ者ならば、フジマツも負けてはいません。(威張るな、ボケ ! )

*陳先生は、自分と同じ匂いを日本人のフジマツに感じたのでしょう。それで教えてくれた、みたいです。

*しかし、鶏歩から踵を降ろしたとしても、表側の運動でもできてしまいます。裏側の運動は見えません。

*昔は教えてもできないので、絶望してしまいました。私の欠点は、あきらめるのが早い。これは良く無いと、しつこく教えることにしました。

*大腿直筋をゆるめます。大きい鶏歩から弓歩になります。その時に、後ろ足裏側の筋肉を伸ばします。鶏歩でも、六合歩でも、これを見えないように実行します。裏側筋肉は過緊張しないように注意します。つまり、やさしく実行します。裏側筋肉で地面を蹴ることも可能です。もちろん、これも避けます。

*上手くなると、どんどん見えなくなります。結果、見ている人にはさっぱりわかりません。本人しか知りません。

[PR]
by tiger-hawk | 2017-07-30 08:11 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー