動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

ポイントをつかみます

*こんにちわ、日本で唯一、インチキを認めているアホのフジマツです。

*あーきれいなオネーサン、帰らないでくださーい !

*大病もしました。もう65歳です。後は静かに沖縄の海に骨をまいてもらうだけと想っていたら、沖縄のキジムナー君がまた行方不明になりました。噂によると、フジマツを見捨てて沖縄へ帰るらしいです。そっそんなー というわけで、まだ死ねないみたいですう。これからも前鋸筋をブイブイいわせます。

*脱力=勁力、なんて唱える人たちがいますが、フジマツはそんなこと言いません。

*と言いつつ、いつもフニャフニャ体操をしています。先日、フニャフニャ・ジタンダをやってもらったら、大腿直筋でやっている人がいました。さすが、大腿直筋人間です。

*そこは下腿三頭筋でしょ ! つまり、大腿直筋人間を下腿三頭筋人間に改造するのが、虎鷹拳院の事業というわけです。

*先日ある流派の人に、心意六合拳の鷹爪を教えてみました。指を前腕の筋肉で操作する、と教えたら、「腱ですね」と反論していました。まあ腱もありますが、それでは事態は変わりません。改造できません。元の木阿弥です。

*何処までも筋肉を認めたく無いのが、いわゆる内家拳信者というわけです。なんだか気持ち悪いのが内家拳信者です。合気道も気持ち悪い。生理的に無理です。

*フジマツのフニャフニャ武術は、宋氏形意拳の崩拳(五行拳) から始まりました。それは、小学生も倒せない崩拳でした。それでも続けました。その先にしか道は無いと確信していました。

*その後、心意六合拳の鶏行歩で、鷹抓把で、鶏撲食で、足の勁力を知りました。それを宋氏形意拳の六合歩に適用したら、崩拳が撃てるようになりました。

*足の勁力とは、力を入れることではありません。地面を蹴ることではありません。自分の体重を足首に降ろすことです。そのために力を抜きます。

*つまり、第一のポイントは、折れ曲がる足首、です。ポイントを外してしまっては、ヨーガの死のポーズになってしまいます。つまり、寝るだけです。

*それでも、鼠蹊部が伸びてしまっては無駄なことです。ですから、直立してはいけません。そのために、鼠蹊部は折れ曲がります。基本的に、直立二足歩行はしません。曲立します。なにしろ、ニワトリの指行性一本足が心意六合拳の原点ですから。恐竜=鳥類は曲立します。ペンギンも曲立しています。

*折れ曲がる鼠蹊部が、第二のポイントです。

*この勁力運動線は、脇腹の前鋸筋から始まります。それが,心意六合拳と形意拳の「龍腰」です。それが鼠蹊部でクロスして内転筋に達します。すると、体幹と足が結合します。

*腕は肩からではなく、脇腹の前鋸筋から生やします。それが、心意六合拳と形意拳の「龍身」です。

*脇腹の前鋸筋が、第三のポイントです。

*先に述べた前腕の筋肉=鷹爪が、第四のポイントです。鷹爪を第一ポイントと数えてもいいでしょう。

*最後に、腹横筋を隠れた調味料として加えます。隠し味です。ということは、腹横筋が第五のポイントになります。

*ポイントを外してはいけません。それでは身体がバラバラになってしまいます。

*空気を押す、なんて表現をする人がいますが、それでは空間に溶け込んでしまいます。空間の中に自分の存在を確立しなければなりません。

*そのために、ポイントをつかみます。

*そのポイントを全て満たしているのが、宋氏形意拳・熊の1号と2号です。特に、熊の1号を百本、毎日実行すると体調が良く成ります。これに熊の2号百本を加えると完璧です。


Joni Mitchell の Both Sides Now を聴きながら、またね

[PR]
by tiger-hawk | 2017-08-04 08:48 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31