動物武術の虎鷹拳院日誌

tigerhawk.exblog.jp ブログトップ

歩き方教室

*直立二足歩行のままで、どうやったら指行性一本足になれるのか?

*直立二足歩行にも一本足時間はあります。誰にでも一本足時間はあります。ということは、蹠行性(せきこうせい) 時間を短くすればいいわけです。踵に体重を載せずに、すぐに足指で立つようにすればいいわけです。

*具体的にやってみましょう。

*前足は力を抜いて、フニャフニャのプラプラにします。大腿直筋の力を抜きます。

*しかし、踵を引きずってはいけません。踵を引きずる歩き方は、最低の歩き方です。

*そのために、前足は高く上げます。そして、足指を立てます。足指先を自分のほうに向ける気持ちです。これは、足指に体重を降ろす準備です。でも、大腿直筋が緊張してはいけません。実はこの作業、ヒラメ筋を使います。

*さて、移動距離は後ろ足の足指で稼ぎます。すると、前足の着地の際、墜落することがありません。

*着地は踵が軽く地面に触れます。しかし、すぐに足指で立ちます。足指の第一関節部分です。これは、前足の力を抜いているからこそできることです。

*足指に体重があることを確認します。ここがたいへん重要です。

*そして、次の前足を出します。力の抜けた前足です。

*いいかえると、体重は常に左右どちらかの足指にあります。それで一本足になります。

*結果的に下腿三頭筋と大腿二頭筋で立つことになります。足の裏側の筋肉です。バランスは内転筋で取ります。

*体重を足指に感じたら、次の前足を出します。それを繰り返します。

*ファシストの軍隊行進ではありません。あれは、両足の大腿直筋で歩きます。踵を地面に叩き付けます。軍靴の響きです。

*日本のガチガチおじさん歩きにとっては、沈墜勁や震脚は自然な歩き方です。沈墜勁や震脚は、ガチガチ歩きの発展系です。ですから、自然勁力となります。

*心意六合拳の鶏行歩は、ガチガチおじさんにとって不自然な歩き方です。でも、できないわけではありません。

*その第一歩は、前足の大腿直筋の力を抜くことです。

[PR]
by tiger-hawk | 2017-08-13 08:31 | 姿勢勁力

回族心意六合拳・宋氏形意拳・動物武術・虎鷹拳院・姿勢勁力・藤松英一


by tiger-hawk
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー